日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

息子に諭され指示を認めたミートホープ社長

偽装牛肉ミンチを販売したミートホープの田中稔社長は断罪されなければならない。

偽装を自ら指示しながら、なかなか認めようとしなかった往生際の悪さにまずは天チュウ。

工場長の相談があったとか、なかったとか、豚肉を混ぜたとか、混ざったとか、と曖昧な表現で記者の質問をヘラヘラ顔で、のらりくらりとかわしていた。

工場長は気の弱そうなおやじ。

記者が工場長に「相談したのか」「指示されたことはあったのか」と執拗に問い詰める。口ごもる工場長。

ここで社長が「相談された」と間に入った。

この嘘発言に対して役員でもある社長の長男がたまりかねてこう切り出した。

「社長、本当のことをいってください。曖昧な表現を止めて、やったのなら認めてください」と懇願した。

息子の反逆に内心うろたえただろうが、ようやく社長が先頭に立って指示していたことを認めた。

これを受けて工場長は呪縛から解放され「もう、雲の上の人ですから何もいえません」と本音を漏らした。

ミートホープの元幹部は去年2月、北海道農政事務所へ牛肉の心臓を混ぜている、と告発したが取り合ってもらえなかった。

偽装したことが何より一番の問題だ。

内蔵を混ぜた、心臓を混ぜた、鳥の皮を混ぜたと騒いでいるが、焼肉屋ではみんなホルモンを旨い、旨いと食べているではないか。本来、食肉に捨てるところはない。

食の安全が脅かされている、というキャスターもいるが、食べて死ぬようなものを混ぜたわけではない。

偽装する前に、田中社長は混ぜたほうがよりおいしくなることを世に広める努力をすればよかったのに。

しかし、あの人相では世の中が許さない。


人気ブログランキン
[PR]
「ミートホープ株式会社」の元幹部の証言によると、完全に腐ってて、腐臭がプンプンと漂ってる豚肉をどこからか持って来て、塩素だか何だかの溶液に一晩漬けておいて殺菌してから、それをミンチにして、家畜の血を大量に加えて赤く着色して、「牛肉のミンチ」として出荷してたそうだ。ようするに、元手はタダなのだ。本来なら、腐ったために捨てる肉を調達して来て、それを偽装して卸してたんだから、そりゃあ儲かって儲かって笑いが止まんなくて、一族そろってブクブクと豚みたいに太っちゃうのもうなづけるってもんだ。

きっこより引用
Commented by tetorayade at 2007-06-21 23:33
>元幹部さん
食肉加工業者は大半が未だにそんなことをやっているんでしょうかね。
これは加工して業者に卸していたわけですから、コロッケのような製品の中に混ざれば、食中毒を起こさないのであれば、誰も気づかない。
コスト削減を強いられていたんでしょうか?
Commented by バッキー at 2007-06-22 08:09 x
あの社長、胡散臭さが顔に出ていました。それと、気になったのはあの工場長、思いつめたりしないか余計な心配を。あと、社長の右となり、彼も何だかなあ・・・・・。勝手な思い込みか?
Commented by tetorayade at 2007-06-22 23:04
>バッキーさん
あの記者会見の席順がすべてを表していました。社長の脇を固めたのは従順な子羊工場長と社長派の息子。本来長男が社長の横に座るべきなのに、離れていた。日ごろから社長のことをとんでもないおやじ、というまなざしで見ていた唯一の反社長派だったのかも。
by tetorayade | 2007-06-21 22:43 | 社会ネタ | Comments(4)