日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

toto BIGが宝くじ凌駕の予感

マスコミが1等6億円のtoto BIGフィーバーぶりを取り上げたものだから、サッカーをまったく知らない普通のおばちゃんたちまでが6億円を狙ってくじ売り場に群がった。

その甲斐あってか第278回の今回は売り上げは、61億2033万1500円とtoto史上最高金額を達成した。通常、1回当たりの売り上げが3億円あまりだったことを考えると隔世の感がある。

で、注目の1等当選は7口も出て、一口あたりの当選金額は5億6313万2913円、となった。6億こそならなかったが、十分だろう。

06年度のtotoの総売上額は約132億円だから、1回分で昨年の半分の売り上げを達成したことになる。

これまでは売り上げが少なかったので、キャリーオーバーで最高6億円となったが、この調子で行くとキャリーオーバーもなく、3億円ということになるが、それでも魅力的だろう。

所管の文部科学省がギャンブルを奨励する、と批判も出てくることだろうが、宝くじよりも1等確率が高いとなれば、やがては宝くじを凌駕する存在になることは明白。

文科省は売れたら売れたで批判も覚悟しとけ。


人気ブログランキン
[PR]
by tetorayade | 2007-05-20 21:35 | 社会ネタ | Comments(0)