日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

理由なき頭部切断

日本の少年犯罪史上に残る凄惨な事件が会津若松市で起こった。

速報を伝えるとくダネの笠井アナは、原稿をまともに読めなかった。

高校3年生の男子が、自宅で母親を殺害。頭を切り落とし、それをバッグに入れて警察に自首した、というのだ。精神科に通院歴もあったようだ。

犯行の模様を2ちゃんねる書き込んでいたようだが、明らかに頭はいかれている。従って、この犯罪について、時代背景をあれやこれやと推測することは無駄なこと。

精神障害者に人を殺すのに、常人が理解できる理由なんかない。

高校3年生の時だった。幼馴染がある日突然、京都へ行くと言い残し家出した。たいして金も持たずに本人は広島から歩いて行くつもりだったようだ。

この行動は頭のねじが1本飛んでしまったように見受けられた。精神病が遺伝するかどうかは知らないが、彼の叔母が精神病院に入ったことがあったから、当時はそう思っていた。

ちゃんと勉強はできるのだが、時々妙な行動を起こす。

パッと見には気づかない。

精神がおかしくなるのは時代の問題ではない。いつの時代にもいるものだ。再犯を起こさないようにどう隔離するかだ。


人気ブログランキン
[PR]
Commented by Count_Basie_Band at 2007-05-16 10:41
>従って、この犯罪について、時代背景をあれやこれやと推測することは無駄なこと。

その通り!

>精神病が遺伝するかどうかは知らないが、

キリスト教社会では「遺伝」となっており、婚姻届に「精神疾患の遺伝の有無」を記入させる社会が少なくないようです。「ヒトラー:最後の10日間」という映画でもヒトラーとエヴァl・ブラウンが婚姻届を出す際に「精神病遺伝がない」ことを誓約する場面があります。

実際にはアルコールを含む薬物も精神異常を引き起こすんですけどね。
Commented by 麺太 at 2007-05-16 10:46 x
もういい加減 再犯防止を考えようよ。
殺人しても頭がオカシイなら無罪。
なら一生出て来れないようにするべきでしょう。

殺しのライセンスを持った精神障害者が、街をうろついている。

覚せい剤で心神耗弱状態で殺害しても無罪。

この国は精神障害者に支配される
Commented by Count_Basie_Band at 2007-05-16 11:10
麺太さん、

>なら一生出て来れないようにするべきでしょう。

それですよ。
これが、西欧人から見て日本社会の最も理解できない点の一つのようですね。
Commented by すきやき at 2007-05-16 13:21 x
いつも長駄文で申し訳ありません。

自分が難癖つけられて隔離される虞も考えちゃう性質なんで、そこまで強硬な論調は持ってないんですが、
通信の自由(秘匿とはいいません。状況を検閲はしなくとも観察の対象にしなければ社会性の有用な資料を逸します)を確保しておけば、実空間での制限を強めてみることもアリなのかなとも思います。
少年院にしても、いきなりどっかの学校へ編入させましたとかいうよりは、通信において、コミュニケーションでのストレスの様子と適応をみてみればいい。

人として本質的にこういった事件が起きるのか、これまでの人類の社会に生み出す要因がありつづけるのか。
ちゃんと調べないから「ゲーム脳」とか適当で単純な煽り言葉で世を騒がすオッサンもでてきちゃう(彼こそゲーム脳じゃかろうか?)。

> Count_Basie_Bandさん

あれって、ただの優生思想じゃないんでしょうか?
Commented by Count_Basie_Band at 2007-05-16 15:40
すきやきさん、

敢えてノーコメント。
Commented by tetorayade at 2007-05-16 22:44
>Count_Basie_Bandさん
やはり遺伝するものなんですね。
切断した腕を白いペンキで塗って植木鉢に刺していた。
もはや何もいうことはありません。正常でないことだけは確かです。
Commented by tetorayade at 2007-05-16 22:46
>麺太さん
この高校生も何年か後に娑婆に出てくるわけで、そんなやつに殺されたとき責任は誰が取れるのやら。国は責任なんか取らない。殺され損にだけはなりたくない。一生ぶち込むしかないでしょう。
Commented by tetorayade at 2007-05-16 22:55
>すきやきさん
もともとそういう素養があるのか、ある日突然精神が変調をきたすのか、さらには直るのか。問題はここ。人権問題が大きな障壁。
Commented by enutea at 2007-05-16 23:18 x
「直る」には方法があるのだろうか?
「直そう」と周りが躍起になっても...。

相対的に見ると違いが解ると思うけど
当の本人は、自分自身を客観的に見られないだろうから
周りに違和感を与えてしまうのかもしれない。

# 私自身、周りから見れば
# 「あいつは、おかしい」と指差されている気もする。
# 指差しているであろう輩は、私なんかより、もっと変な輩だと思うけれど。
Commented by Count_Basie_Band at 2007-05-17 05:58
>やはり遺伝するものなんですね。

高校の同級生に、両親とも自殺してしまって親戚に育てられている男がいました。
医学部精神科に進学し、大学院では「自殺者の血統実証」に没頭しました。そして大論文を発表した後、自ら命を絶ちました。
「私に課せられた義務は果たしました」と....
Commented by sesiria at 2007-05-17 18:37 x
精神病者には前頭葉除去手術を施すしかないのでは。勿論
凶悪で残忍、冷酷無比な犯罪を犯した者の場合ですが。
遺伝はあると思います。犯罪者の家系、精神障害の家系というものが
存在するようです。
Commented by tetorayade at 2007-05-17 22:58
>enutea さん
誰だって躁鬱状態はあるわけで、それをきっかけにおかしくなっていくケースもありますが、もともとネジが1本足らない人とか、途中でネジが外れたがために、常人からみれば異常に写る人とか。
治る病気であればいいのですが。
Commented by tetorayade at 2007-05-17 23:00
>Count_Basie_Bandさん
う~ん。この実証例は重たいですね。
親が離婚していれば離婚率が高いように、そんな感じで。
Commented by tetorayade at 2007-05-17 23:02
>sesiriaさん
競馬馬の運動能力の遺伝のように、こんな精神障害の遺伝もあるんですね。
手術で治るなら人権問題も問題なし、とはいかないか。
Commented by Count_Basie_Band at 2007-05-18 04:56
>親が離婚していれば離婚率が高いように、そんな感じで。

さすが、博識でいらっしゃる。
こちらは残虐犯罪や自殺よりもっと理由付けが難しそうですが現実ではあるんですよね。
Commented by tetorayade at 2007-05-19 00:17
>Count_Basie_Bandさん
子供は親の背中を見て育つ。
親が辛抱できずに離婚。そんな家庭で育って自分だけは親の二の舞にならないように最初は頑張るが、辛抱しきれなくなったとき、どうせ親も離婚したし、と諦める。
by tetorayade | 2007-05-16 01:00 | 社会ネタ | Comments(16)