日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

高槻ジャズストーリートが存続の危機

来年で10周年を迎える高槻ジャズストーリートが存続の危機に立たされている。収支報告によると去年は2225万円の収入に対して支出は2735円万。510万円の赤字。今年も赤字になれば10周年という節目を迎えられないかもしれない。

3000万円あれば、来年も5月の2日間、高槻の街中にジャズをあふれさせることができる。

b0017844_23304475.jpg


これは地元のジャズ演奏家の呼びかけで始まったもので、年を重ねるごとに規模が拡大。今では高槻市内の約40カ所の会場で、プロ・アマのミュージシャン4400人が手弁当で参加する一大ジャズフェスティバルとなった。ただ、ジャズと名はついているが音楽のジャンルは種々雑多。

b0017844_23301963.jpg


すべての会場が全部無料。内外の一流プロの演奏や歌もただで聴ける。運営はすべてボランティア。利益追求は一切なし。これが高槻ジャズストーリートの特徴なのだが、規模が大きくなるに従い、地元企業の広告費、Tシャツ販売、市民のカンパ、ミュージシャンの手弁当だけでは、運営にも限界がきたようだ。

b0017844_23294151.jpg


広告収入の次に大きな財源はTシャツ販売。500円の原価で製作したものを2000円で販売。それも全部ぶっちゃけての販売。

地元企業では一番の大口でも50万円の協賛が限界。

Tシャツ販売だけでは限界がある。

ここはパチンコ業界が一肌脱ぐ場面だろう。音楽好きの会長がいるマルハンなら、全国のチェーン店が結集すれば赤字分ぐらいの捻出は可能だろう。新たなマルハンイズムのためにも、力になってもらいたい。

もう一つの方法は高槻の遊技場組合が1年間、余り玉の募金活動をすること。地域社会との共生のためにも腰を上げてみよう。

今年は市役所や桃園小学校会場などがなくなっている。

明日は地元高槻出身のROLLY(旧名ローリー寺西)が初参加する。従兄弟つながりで来年の10周年には槇原敬之を引っ張り出すためにも高槻ジャズストーリートの灯を消してはいけない。


人気ブログランキン
[PR]
いやーん。
マッキーが出るなら来年は見に行きたいなぁ!

路線バスの中?生演奏付きでバスガイドさんが歌ってるんですか??
Commented by tetorayade at 2007-05-04 00:12
>ねこ さん
いや、私の勝手な考えです。10周年のスペシャルゲストとしては最適かと。
バスの中でもライブ、ライブ。バスガイド役は皆さんボーカルの方ばかりで、バスの中でも生歌が聴けます。来年といわず、明日もやっていますので是非。
Commented by 通行人 at 2007-05-04 03:41 x
ども、通行人@高槻市民です(^^ゞ
今年は手伝えませんでしたが、私も毎年ボランティアをやっております。

昨年の秋が雨で中止になって、資金面もちょとシンドイんですが、
一番の問題はボランティアが集まらなくなってきて
運営の人手が足りないことですねえ・・_| ̄|○
でもまあ、地元の人間が誇りに思える手作りイベント。
これからも続いてほしいですね。

P.S 今年は梅●三精が広告を出してくれています(^^ゞ
Commented by fujisan at 2007-05-04 11:06 x
そうですね。何とか皆さんの気持ちが収入に反映すればと思います。カンパも良いですが、Tシャツの購入が資金源ですよね。Tシャツにタオル、帽子とグッズも我が家には転がっております。
来年も行きたいと思っております。
Commented by マツナガ at 2007-05-04 17:00 x
去年、始めて行なわれた愛知県岡崎市の「岡崎ジャズストリート」は、通し券のチケット制でした。行政絡みでしたが、今後の課題も多く出ましたので、続いて欲しいとは思いますが・・・どうなることやら。
 本来は名古屋でジャズ祭を行えるようでないといけないのでしょうが・・・。こちらはまとめ役すら居ませんね〜。層は薄いけど、いい人材もいるんですよ。
Commented by tetorayade at 2007-05-04 22:23
>通行人 さん
今年は本職での参加かと思い探したんですが、大道芸人そのものがいませんでした。手品は2人みましたが。
ボランティアも2~3年前に比べると確かに減った感じがします。演奏した中高生がそのままボランティアをやっているほど。
広告見ました。1軒だけでは寂しい。パチンコ客はジャズストは興味ないですかね。
Commented by tetorayade at 2007-05-04 22:26
>fujisan さん
箕輪さんが盛んにいっていたように、今回は現代劇場も1日だけしか借りれないような状況だといっていましたが、会場がかなり減りましたね。会場が少なくなったということは賃料もあるけど、参加者も少なくなってきたんでしょうか。
Tシャツではしんどい。
10年目が最後にならないように、企業を引っ張ってくるしかない。
Commented by tetorayade at 2007-05-04 22:32
> マツナガ さん
高槻はミュージシャンの呼びかけで始まりました。行政には資金プラス会場提供で協力をお願いしているようですが、市役所管轄の会場がことしは2~3カ所なくなっていたのが気になります。
チケット制もひとつの方法ですが、金額があまり高すぎると広くたくさんの市民には来てもらえない。
黙って金だけ出してくれる企業がいればいいのですが。岡崎ならトヨタ系の会社はたくさんありそうですが。
by tetorayade | 2007-05-03 19:21 | 社会ネタ | Comments(8)