日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

ゆとり教育で漫画喫茶が繁盛

ゆとり教育の弊害が叩かれて久しい。

日本青少年研究所が実施した、日米中韓の高校生の意欲に関する調査報告では驚愕の実態が明らかになった。このままでは日本の国力がますます落ちることは間違いない。

日本の高校生は他国に比べ出世意欲がない反面、ゆっくりのんびりすごしたい、と年寄りのような考え方を持っている。出世したくない理由が「責任が重くなる」。平社員のままでのんびり過ごしたい、といことか。

ゆとり教育の学力低下もさることながら、覇気、意欲のない子供がどんどん増殖していることの恐ろしさを感じる。

95年から完全週休2日制になり、ゆっくり、のんびりしたい、という子供が多くなったんだろう。

その結果が定職につかないフリーターを増やし、さらに仕事をしようともしないニートを増やす。

正社員にならないから給料の格差がつく。

そんな格差社会から落ちこぼれた若者の受け皿となっているのが、ネットカフェだ。新聞ではネットカフェ難民、と騒がれているが、ネットカフェがあるから路上生活者にならないで済んでいるともいえる。

働いていながら都会でアパートを借りる金がないことから、漫画喫茶やネットカフェで寝泊りする人が増えている。中には長時間労働で家に帰るのが面倒くさい人もいるようだ。

この前漫画喫茶に漫画を販売する会社に電話したら「地方からの引き合いが増えて、ものすごく忙しい」といっていたが、今後も漫画喫茶は、寝泊りする場所のためにどんどん増えて行く傾向にあるようだ。

昔は「風が吹けば桶屋が儲かる」だったが、

今はゆとり教育でネットカフェが儲かる構図に変わった。


人気ブログランキン
[PR]
Commented by 通行人 at 2007-04-29 15:47 x
ども、通行人です(^^ゞ

昔から、出生意欲の少ない人間や中流意識にどっぷり浸った人間が
日本社会の大部分ではあったように思うのですが、
かつては、それら大部分の人間を陽に影に牽引する
「人財」や「人材」を育成する仕組みがあり、
またそういう人財や人材になることを賞賛する仕組みがあったように思います。

ゆとり教育がアカンなあと思うのは、学校で天下国家を論じなくなったこと、
リーダーを育成しなくなったこと、成功することや競争に勝つことを
賞賛しなくなったことだと思います。
Commented by Count_Basie_Band at 2007-04-29 16:20
通信関連を中心とするIT企業の相当部分が「住所不定のネットカフェ族」に支えられている現実はどうなるでしょうか。
正社員がやりたがらない深夜の監視やメンテナンスに従事している連中が多いのです。

バブル崩壊後、規制緩和に乗じてリストラに狂奔した企業社会にも責任があるように思います。
Commented by 右打ち職人 at 2007-04-29 19:08 x
昔山谷や西成に沢山あったドヤ。
ネットカフェ難民は昔ならドヤに住むような人がそのままネットカフェに住んでいるだけのように見えますし、どんな世の中になってもその日暮らしの人は一定数出てしまうのではと思います。
Commented by tetorayade at 2007-04-29 21:19
>通行人 さん
ゆとり教育の一環かどうかは分かりませんが、競争させない、ということで運動会の徒競走も手をつないでゴールまで走らせたこともあったようですから、これではリーダーシップの取れる子供は育たない。
いずれにしても日本は間違った教育の方向へ突き進んでいた、ということ。改革はあると思いますが、これ以上改悪されないこと。
Commented by tetorayade at 2007-04-29 21:25
> Count_Basie_Bandさん
普通ならカプセルホテルで寝泊りでしょうが、それよりも安く済むからネットカフェなんでしょう。ネット難民ばかりが注目されていますが、別の使い方をするカップルもいるようです。
もはや時間消費から空間利用になっている。
Commented by tetorayade at 2007-04-29 21:28
>右打ち職人さん
まさにドヤの新しい形態がネットカフェでしょうね。定職につけない若者にはそのひ暮らしのアルバイト生活の中でも何とか制暖房が完備された屋根の下で寝ることができる。そのうちエコノミー症候群にならないかと心肺です。
Commented by すきやき at 2007-04-30 03:25 x
ドヤならまだいいですが、飯場になる日も近いと思います。

また、
住所不定、ネカフェを流浪するセカンドライフ長者とかも出現するのかもしれません。
Commented by Count_Basie_Band at 2007-04-30 04:49
どうやら社会面型解釈が主流のようですね。
私は、一時、一部のネットカフェを回って調査したことがありますが、経済面の視点で見るとまったく別な様相が浮かんできます。
①元正社員だった企業で、今は派遣として同じ業務に従事している。
②リストラされて派遣になったため、前年の所得に課せられる地方税を納付できなくなったため住民登録を抹消され、アパートも借りられなくなった。

>別の使い方をするカップルもいるようです。

少なくとも私が見てきたネットカフェには、机、椅子、コンピュータしかなく、外から丸見えですよ。
類似と思われている漫画喫茶とはまったく異なります。
行政の規制があるようなので地域差はあるかもしれません。

とにかく重要なのはコンピューターであり、プログラミング作業を行っているヒトも結構います。
肉体労働や接客業に従事している「住所不定」なら、横になれる漫画喫茶へ行きますよ。
詐欺、ヤミ金を含む情報産業で働く連中がネットカフェを使うのです。
Commented by asyashin at 2007-04-30 08:52
夏や正月には青春18で北海道に帰省します。
名古屋→北海道には一日では到達できませんので、
東北のホテルあるいはカプセルで宿泊が必要となり
ます。
今年の正月は思い切って秋田のインターネットカフェで
朝まで滞在しました。料金が2000円もいかなかった
ので驚きました。今後はこれだなと思っていた矢先の
今回のニュースです。
Commented by chappy at 2007-04-30 18:04 x
そんなに儲かんないですよ^^; 利益率も低いですし、お店も沢山あるから競争も激しいです。お客さんもさすがなもので、安くて装備が揃っているところをよくご存知です。ここでも、大手と中小の差は広がっているなと感じますね。大きいところは、装備もバッチリ、これで値段が激安なら、太刀打ちできません。ウチみたいな小さいところはアイデア、お客さんとのやり取りで勝負しないといけないと日々感じています。あきらめたら、失職するだけですからねw 笑ってる場合じゃないかw
Commented by tetorayade at 2007-04-30 21:19
>すきやきさん
いい視点ですね。セカンドライフ長者がネットカフェ難民から生まれれば、それはそれで映画になる。小説を書くのもいいかもしれない。
Commented by tetorayade at 2007-04-30 21:27
> Count_Basie_Bandさん
漫画喫茶には1回だけ行きました。そこは仕切りとドアのある個室もありました。何でも揃うのを複合カフェと呼ぶようですが、ネットカフェはやはりネットだけなのでしょうか?
仕切りも何もないところで寝るのも何か落ち着かない。漫画喫茶難民、あるいは複合カフェ難民といったほうが適切なのかも。そんな問題ではありませんね。
要は便利な場所に仮眠できる場所があるからカプセルよりも便利、ということで重宝している。
Commented by tetorayade at 2007-04-30 21:33
>asyashinさん
北海道に18切符ですか。ご苦労さまです。いいですね。のんびり旅も。
でも、寝るだけを目的ならベットで横になって寝たい。椅子はきついですよね。どのぐらいリクライニングがきくか。スーパー銭湯の仮眠室のようなリゆったりとした椅子でクライニング角度があればいいのですが、机の高さにあわせた椅子ですからね。
Commented by tetorayade at 2007-04-30 21:35
>chappy さん
これこそ立地産業でしょうね。
それと中小と大手の資金力の格差は歴然でしょうね。
使わなくなった雑誌なんかはワゴンに置いて自由にお持ち帰りください、なんてことをしているんですね。あれは持ち帰るだけで得した気分になります。
Commented by settuko at 2007-04-30 22:41
生きていればそれでいい。若いうちは考えんでも何とかなる。
こういった甘い考えをした結果でしょう。
昨日、あいりん地区を実際に見ましたが、ネットカフェはまだマシです。
明日は初めてメーデーに参加します。
浮浪者のビニールシートが多く並ぶ、大阪城公園で。
Commented by tetorayade at 2007-05-01 22:18
>settukoさん
やはりゆとり教育の弊害だと思います。競争心や闘争本能がすっかりそがれて、のんびり人生を送ればいい、という考え方が、ゆとり教育以前にも増してそういう無気力な子供が増殖した結果でしょうね。
あいりんのドヤがおっさんならネットカフェは若者。しかし、その実態は同じ。毎日の生活が不安でその日暮らし。
by tetorayade | 2007-04-29 10:51 | 社会ネタ | Comments(16)