日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

公然わいせつ罪で摘発されたストリップ劇場のナゼ?

風営法が改正され罰則が強化されたのは去年の5月1日から。パチンコ店では18歳未満の未成年者に遊技させただけでも営業許可が取り消しになることもある。

また性風俗関連の特殊営業では店の前での客引き行為も禁止され、処罰の対象となる。

そういう状況下で北海道で1軒しかないストリップ劇場「札幌道頓堀劇場」が取締りを受け、支配人や踊り子7人が公然わいせつ罪で逮捕されたようだ。

警察がソープランドでの売春行為、ストリップ劇場での公然わいせつ行為、パチンコ店での換金行為を知らないはずがないのに、今回の逮捕劇は何?

この理由の方を知りたい。

公然わいせつを取り締まった、というより他の理由があるような気がする。

新聞報道では19歳の踊り子がいたようだが、18歳未満の未成年者がいた、とか。

素人を売り物にするのが目に余った、とか。

サミット前で北海道の環境浄化の一環だった、とか。

以前の法律だったら、営業停止処分で済んだかもしれないが、罰則が強化されたために、今回は営業許可が取り消される恐れがある。北海道で唯一のストリップ劇場の灯が消える恐れがある。

名義を変えて営業許可を新たに申請して、再開する手はあるが、しばらくはススキノの楽しみがなくなることは間違いない。


人気ブログランキン
[PR]
俺が加賀在住なのは、谷本知事の記事にコメントした通りですが、実は昔、片山津温泉でストリップ劇場の経営に関わっていました。
劇場だけでなく、各旅館の宴会場にも出張していまして、たまに警察関係の宴会に行く事がありました。
事前に情報は入るので、多少控え目にするのですが、いちど幹事の人に呼ばれ、「普段こんなもんじゃないだろ?うちら警察って知ってるみたいだけど、今は仕事じゃないんだから、遊びに来てんだから、普段通りにやってくれないと…」って苦情を言われましたね(苦笑)
また、劇場の方も何年か置きに摘発を受けたのですが、やはり事前に情報は入りました。
たまに摘発しないと示しがつかないそうです。
Commented by tetorayade at 2007-04-29 21:16
>玄武 さん
温泉街のストリップ小屋へ1回だけ行ったことがあります。確か、熱海だったと思いますが、温泉街らしくおばちゃんの踊り子で、見たくもないものを見た、という気持ちでいっぱいでした。
ところが、小倉のストリップ劇場は踊り子は若い子が多く、これこそがストリップだと思いました。
経営に携わっていたのはいつごろですか?
摘発を受けた場合はどんな処分でしたか?
Commented by 玄武 at 2007-04-29 23:15 x
関わっていたのは、約20年前から数年前までです。
正確には親父の経営を手伝っていたのですが。
摘発された時は、責任者が2日ばかり留置所に泊まって、後は罰金と1週間ほどの営業停止でした。警察も分かっていて(片山津温泉は北陸唯一の色街的な温泉で、風俗を潰そうなんて考えていない)、体裁で摘発してるだけです。
数年前に辞めたのは、警察に潰されたのではなく、お気楽に育った旅館の二代目連中に潰されたようなもの。
加賀温泉郷を壊滅状態にしたのも同様です。
Commented by 玄武 at 2007-04-29 23:26 x
あちら(谷本知事)のコメントの回答にも通じる事ですが、勉強と称して海外のリゾート地を遊び歩いた二代目(三代目)は、自分の旅館もリゾートホテルのようにしたいと考え、過剰な改築増築をし、お客さんをホテルから一歩も出さないような経営方針にし、結果温泉街自体の衰退を招きました。
何が繁栄を支えていたのか、全く学ばなかったようです。
他の温泉街も似たり寄ったり。
今も持ち堪えているのは、老舗と呼ばる旅館だけと言って良いでしょう。
片山津温泉に来た事があるそうですが、それが10年以内であれば、まさに灯が消えたような状態だったでしょう(苦笑)
食べ物は加賀温泉も自慢出来るんですけどね。
Commented by tetorayade at 2007-04-30 21:15
>玄武さん
観光客が少なくなって儲からなくなった、ということですか。
北陸といえば、山の中よりも海岸沿いに人気が集まるというのは仕方ないことですが、特に加賀屋さんがクローズアップされているため、余計能登に集客してしまう。
能登にあるのに、なぜ、加賀屋というのかも気になりますが、加賀温泉復興計画は真剣に考えなければいけない時期のようですね。
売りは何ですか?
Commented by 玄武 at 2007-04-30 23:28 x
片山津で言えば、ご存知と思いますが柴山潟と云う湖があり、湖畔の温泉と云うのがキャッチフレーズの一つでしたが。
山中、山代は、温泉と街の風情が売り。
片山津もかつては、街の風情が、それも他の温泉場と違い、先に述べたように北陸唯一の色街としての風情がありました。
今は、温泉と食べ物とゴルフ場が近くにある事くらいかな。
柴山潟をもっとアピールしようと色々やってるみたいだけど、成功してるとは言い難い。全盛期に比べると、旅館の数は半分以下になりましたからね。
3年程前に、旅館組合のボンボン連中も、ようやく温泉街の活性化が重要だと気付いたようです。
Commented by tetorayade at 2007-05-01 22:24
>玄武さん
旅館から一歩も出ることがなかったので、観光地の存在も知りませんでした。社員旅行なので毎度のことなんですが、観光もなく飲んで騒いで翌日帰る。このパターンなもんで。
全盛期に比べ旅館の数が半減とはこれまた壊滅的症状ですね。
本物のよさを愚直なまでに伝え続けるしかない。色町を全面的にアピールするのは抵抗があるでしょうが。
Commented by ストリップの客 at 2007-05-06 20:20 x
今回の摘発は素人5人と従業員2人が摘発されました。
素人の年齢は19歳から21歳。18歳未満はいません。札幌は18歳以上なら性風俗に従事できますから年齢は問題ありません。この点は誤解を生むので、ブログ上で訂正を入れていただいたほうがいいでしょう。
札幌道頓堀劇場が雇った素人というのは、他の踊り子と違って本格的に踊ったりせず、脱いでお客さんと簡単なゲームをしたり写真を撮らせたりします。
Commented by ストリップの客 at 2007-05-06 20:20 x
元々、ストリップ劇場であってむ局部をさらすことは公然わいせつ罪で違法であると一条さゆりの裁判で最高裁の判断が出ています。劇場という特定の場所でなぜ公然なのかという不可解な判断でしたが、最高裁の判断なのでこれは覆せません。
昔はどこの劇場も年に1度くらいは摘発があったようですが、近年では大手は摘発がなく、中小でも何年も摘発が無い状況がありました。
その間、ストリップは他の風俗との競争に負けてどんどん客が減り斜陽化していきました。中小だと一度の手入れで潰れかねない状況です。
実際全盛期と比べると劇場の数は5分の1以下に減っています。
そして厳罰化により、摘発後の行政処分での営業停止も長期化しました。営業許可の取り消しの可能性も僅かだと思いますがあるでしょう。(実はストリップ劇場の場合、新たに申請しても新規の営業許可は下りないと言われています。これが根拠あるものかどうかは私には分かりません。)
Commented by ストリップの客 at 2007-05-06 20:21 x
今回摘発された札幌道頓堀劇場は大手であったにも関わらず、この件により存続の危機との声が出始めています。元々経営的にかなり苦しく4月から規模を縮小して営業していたところへの摘発ですので、ダメージは大変大きいです。

今回の摘発は、おそらくすすきの浄化の一環だと思いますが、素人にターゲットを当てた目だつ募集をしていたのが、当局を刺激したのではないかと想像しています。
Commented by ストリップの客 at 2007-05-06 20:31 x
よく考えてみたら、売春してないし営業許可の取り消しはまずありません。
Commented by tetorayade at 2007-05-06 21:36
>ストリップの客 さん
詳細なコメントありがとうございます。
ストリップの客さんはこの劇場にも足を運んでいたようで、非常に参考になりました。
いずれにしてもストリップ劇場は斜陽産業でしょうね。無修正の局部が見たければネットで動画が見られます。しかもただで。見るだけで悶々とするからストリップは斜陽になるんだと思いますね。
で、今回の件は素人狩りですか?誰だって最初は素人なんですが。サミットを控えススキノ浄化は意味がありませんが。
公然わいせつ罪で取り消しにしようと思えばできるように改正されたんですが、ストリップ劇場は対象外、かな?
Commented by 通行人 at 2008-02-18 05:07 x
法改正ってどうなったんすか?
Commented by tetorayade at 2008-02-18 22:45
>通行人さん
公然わいせつ罪のほうですか?
その改正については知りません。
by tetorayade | 2007-04-29 07:48 | 社会ネタ | Comments(14)