日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

極めてまともな長崎市民の選択

長崎市民でなくても市長戦の行方が気になっていたが、長崎市民は極めてまともだったことが証明された。

当選したのは長崎市職員の元課長の田上氏だった。狙撃された伊藤市長の娘婿横尾氏は僅差で落選した。

NHkの開票速報では、7%の時点では娘婿がリード。このまま当選するものと思っていたが、布団に入ったところで、課長の当確ニュースが流れていた。

市長が死亡して、すぐに立候補会見した時の印象が極めて悪かった。死亡したばかりのあの場でうすら笑いを浮かべているのには驚いた。

ましてや市長戦を弔い合戦とばかりに、地縁もない娘婿が出馬するのに違和感を持った人も多かったはず。そんな票が課長に入った。

市長が世襲されることに違和感を感じて急きょ立候補したのが、課長だろう。血縁だけで、長崎のことを何も知らない部外者で、さらに政治の素人に立候補されたのではたまらない。

このままでは有力な対抗馬もいないので、易々と当選してしまう。長崎の自治はどうなるんだ、という思いに票が集まったのであろう。

すべてはあのうすら笑いをした出馬会見がいけなかった。ヘラヘラした印象ではなくもっとシャキッとしていたら、課長も立候補していなかったかもしれない。

敗因は伊藤家総出で市長を世襲しようとした反感だろう。娘婿よりも亡くなった市長の奥さんや娘のほうが目立っていた。

娘婿はまた新聞記者に戻るのか?会社には辞表を出しているはずだが、無職になってしまう。

追記

辞表ではなく、休職届だったので新聞社には戻れるようだ。

追記2

娘の落選会見での発言がネット上で叩かれている。残念ながらテレビでその模様を見ていないが、気の強さが伺える発言内容だ。いっそ、娘婿ではなく血のつながった本人が立候補すればよかったのに。


人気ブログランキン
[PR]
本人よりも落選後の娘の発言がひどすぎると思います。
Commented by アレ at 2007-04-23 10:24 x
しみずさんの仰るとおりですね。脅しにも聞こえる発言。
「親父が殺されたんだから、婿に入れろ」といっているようなもの。
市民は伊藤一長を信任していたのであって、伊藤家を信任していたわけではない。長女の馬鹿発言とは逆に、元市長への信頼の現われとも思えます。

はっきりいえば、父親の死と選挙は別物なのだから。
Commented by にゃあ at 2007-04-23 10:41 x
しみずさんと同じ意見です。
夫の落選後「父伊藤一長はその程度の存在でしたかっ?!」と泣きながら訴えていた娘に「勘違いしてる・・・」と感じました。恨み言を言えば言うほど世襲選挙、弔い合戦には嫌悪感を感じます。同情よりもを手腕を期待した長崎市民の感覚は正常だったと思います。

伊藤市長のご冥福を心よりお祈りいたします。

Commented by バッキー at 2007-04-23 12:49 x
まっとうな結果がでて何よりです。かきなぐりさんも書かれていましたが、
娘婿、最初の印象が悪すぎでしたね。ありゃあダメだと直感しました。

夕張の羽柴さん、四国の原発からみの町長選、そして長崎の市長選と、低調なわりには見所が随所に。結構楽しめました。
追記 小沢一郎政治塾での仲間も各地で泣き笑いでした。
Commented by ココア at 2007-04-23 21:51 x
あの娘の発言には驚きました。
長崎のために貢献して殺された父なんだから婿に票を入れるべきだろ!って感じですね。
ネットでもあの娘には批判轟々ですね。
政治と被害者意識を混同しちゃいけない。
精神的にも取り乱してたんだから取り巻きは発言させるべきじゃなかったですね。
かわいそうですけど・・・。
Commented by 荒木 at 2007-04-23 22:27 x
「報道ステーション」の投票用紙に「伊藤市長ありがとう・・・」はなんだかやらせのような気がしますが。それとあの投票用紙は取材陣に公表していいのやら・・・。
Commented by tetorayade at 2007-04-23 22:41
>しみず さん
やっとその会見見ました。父の遺志を継ぐうちの旦那にどうして市民は投票しないのか!完全に勘違いしています。そもそも遺志を受け継ぐ時間もない。
Commented by tetorayade at 2007-04-23 22:42
>アレさん
天下にバカ娘振りを知らしめました。家では完全に嫁の尻に敷かれていますね。市長利権を伊藤家でせしめようとしているようにしか写りませんでした。
Commented by tetorayade at 2007-04-23 22:45
>にゃあ さん
本当に勘違い家族。伊東市長は手腕があったから当選を重ねたわけで、それを親族に市長の座を寄こせという論理がまともではない。
戦乱のイラクへ行って捕虜になった北海道のバカ娘を彷彿とさせますね。
Commented by tetorayade at 2007-04-23 22:47
>バッキー さん
票の数の上では僅差ですが、絶対楽勝だった娘婿陣営からすれば大逆転負け。それこそ、9回裏に10-0ぐらいの大差だと思います。田上氏は勝てそうな相手でもなかったはず。
Commented by tetorayade at 2007-04-23 22:49
>ココア さん
憔悴しきっていただけに、ついつい本音と愚痴が口をついて出た。正直者であり、業突く張り。
Commented by tetorayade at 2007-04-23 22:51
>荒木さん
その映像は見ました。無効票が多かったのも異例ですが、どちらにも入れたくない、という棄権票の意味も多分に含まれていました。もっと選挙期間があったらどう変化していたか?
Commented by DEPTH-TRUCT at 2007-04-24 07:52
ん〜確かに娘さんは冷静さを欠いていましたね。
でも、非業の死を遂げた父を間近で見て
どれだけ冷静さを保てたでしょうか。
ここは「バカ娘振り」を我々が
”冷静”に受け止めてあげるべきでしょう。
Commented by TS at 2007-04-24 17:18 x
家族を暗殺されれば、あのような反応はしてしまうので娘のおろかな発言はある程度は仕方がないとも思われる。(しかし市長の座は伊藤家のものと考えていたことは確か)また娘婿は関西人で九州とは関係ないし、朝日新聞と同じスタンスの西日本新聞記者だし、反日的で親コリア的な考えを持つ事もわかっていたので、落選してよかったとほっとしている。(あのうすら笑いをした出馬会見がいけなかった。裏で暗殺を計画していたのはお前かと疑ってしまう出馬会見であった。)
Commented by tetorayade at 2007-04-24 22:37
>DEPTH-TRUCTさん
葬式も終わっていない状況だったはず。
伊藤家は女系家族ですかね?伊藤家から市長の候補をどうしても出したかった理由が明快に分かればよかったのに。暗殺されて遺志を引き継ぐにもその準備もなしで。う~ん。合掌。
Commented by tetorayade at 2007-04-24 22:39
>TSさん
悲しみが全然なかった。それより市長選に出馬することになって舞い上がり、義父が殺されたこともすっかり忘れていたかのような会見振り。あれを見て票を入れなかった人も一人や二人ではないはず。
by tetorayade | 2007-04-23 02:17 | 社会ネタ | Comments(16)