日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

留年通告で自殺する方がおかしい

あまり興味のないネタだったのでスルーしたが、テレビのワイドショーで取り上げているのを見ていささか考え方が変わった。

群馬県の高崎経済大学の女子学生がゼミの課題を締め切りまでに提出できなかったために、即留年通告を受けたことから自殺した、という事件だ。

新聞報道ではこのゼミの担当准教授に対して大学側は「理不尽で教育的配慮を欠いた留年通告をした」などとして同日付で懲戒免職処分にした、とされている。

自殺に追いやったこの准教授がすべて悪い、という論調で、世間もそう思ってしまったはず。

ところが取材していくとこの准教授ばかりを責めるのもおかしいことに気づく。

女子学生はゼミに2006年9月から参加するはずだったが、自主的に早めて6月ごろから参加したように、このゼミに入ることを熱望していた。好きでこのゼミに入っている。

准教授もセクハラなどの悪い評判がある一方で、難しい授業を面白く教えると好意的評価もある。

で、女子学生は友達によると「完ぺき主義者」だったらしい。

大好きで入ったゼミの准教授から締め切りを守れず、即留年を通告されたことで、非常に落ち込む。それを完ぺき主義と結びつけるのは乱暴だが、そんなことですぐに自殺を決行したのかと思えてくる。

むしろ、こんなことぐらいで自殺する女子学生の方がおかしい。そのことの異常性に気づかなければならない。

彼女は自殺直前に友人とメールを交わしている。

友達が犬の写真を添付して送ったところ、「かわいい犬」と普通に反応した後で課題を締め切りまでに提出できなかったため「留年することが分かっています。人生もやめます」と返信している。

メールを受けた側も深刻さがないので冗談だと思ってしまう。

准教授は「何でも締め切りがある。それを守るように指導することのどこが間違っている」と反論しているようだが、その通りだと思う。

締め切りを守れず、留年を通告されたぐらいで自殺を選ぶほうが変だ。そこは交渉すれば歩みよりはあるはずだが、そこまで知恵が回らず死を選択した。

完ぺき主義者が初めて受けた敗北?に自殺を選択する心理が分からない。精神的に病んでいたのかと思ってしまう。

大学側は「大学院生並みの厳しい課題。ある課題がこなせなかったというだけで即留年というのもおかしい」とコメントしている。

赤坂に竣工した衆議院宿舎に家賃が相場より安いことにマスコミが騒ぎ、票を気にして入居しない議員が多いのと一緒で、世論に迎合する形でこの准教授を懲戒免職処分にしたとしか思えない。


人気ブログランキン
[PR]
Commented by 過去物語 at 2007-04-11 23:28 x
こんな なんでもありでセンセーショナルなニュースに飛びつく私でも
おや?っと思い なんで死ぬほど?と
はっきり書けなかったので スルーになっちゃいましたが^^;

崇拝するほど好きだったとあったので
もしかしたら 最後の最後の構ってちゃんだったのかな?とか思いましてね

死してまでというなら この自殺した女性にも なんらかの精神的な問題があったんじゃ?とか

まぁ・・・・この准教授とやらにも問題があると思えるのは確かですが
騒ぐわれには違和感があります。
Commented by カミュ at 2007-04-11 23:29 x
TBありがとうございます。

仰るとおり、拙ブログで書きましたがこの女子学生の短絡さはちょっとおかしいかなと思います。あまりにも視野が狭すぎではないかと思うんですがね・・・。
ただ、この准教授はこの事件だけではなく、以前及び前の赴任地である茨城大学でもセクハラ発言など問題を度々起こしていたみたいです。
そのことを踏まえて、もしかしたら懲戒解雇という厳しい処分になったのかもしれないですね・・・。大学側の真意は推測でしかないですが。

Commented by ココア at 2007-04-11 23:31 x
私も大学は一年留年しました。(自慢ではありませんが・・・。)
就職も決まっていたのにたった一つの科目のせいで・・・。
っと落とした教授を恨みもしました。
学校にもなんとかならないか交渉しましたがだめでした。
たった一つの授業のために一年分の授業料を払うのです。
親に申し訳ないことしました。
唯一救いは決まった仕事先がそれでも来ていいと。
週一度の授業のある昼からは帰っていいと。
なんて包容力のある会社でしょう。
しかもかなり大手の自動車会社です。
死ぬことによって教授のダメージを与えるのが一番の目的っだたのでしょうか?わかりませんが・・・。
こんなことが死ぬ理由になるならおそかれ早かれ逝ってた人だと私は思います。
Commented by 過去物語 at 2007-04-11 23:50 x
すみません。
書き込むたびに誤字ってる自分に気が付いていて
ヨッパは危険(爆)

で、助教授ではなく 准教授と言うようになってるのは
この事件(?)で知りました。
Commented by すきやき at 2007-04-12 06:40 x
親はどう思ってるんでしょ? 完璧主義者に育て上げたのだったら、完璧じゃないがゆえに自分の存在も否定する立派な娘とでも思ってるのでしょうか?
義務教育くらいまでに一歩退く謙虚さとか教えてやる人がいなかったのか気になります。

心理学教室でもないのに、大学の教官がメンタルへの配慮をそこまでしなければならないことが理不尽です。キツい課題を出す先生の許へは、ちゃんとヤル覚悟がある人がいくもんです。その覚悟にはやりきれなかった時の覚悟も含まれますし、そこは最終的に自己責任。自己責任の取り方を自殺しか知らないのは、どんなゆとり教育なのやら。

個人的には、課題を達成できなかった部分などにウラがありそうに思います。
それくらいでないと、この女学生にしても准教授にしてもあまりに不憫。
Commented by 狸親父 at 2007-04-12 09:04 x
学校や親御さんにしてみれば、非(?)のある直接その学生を担当していた准教授に責任を求めたカタチですよね。でも、何だか押し付けたカッコに見えるのも、否めない。

女子学生も完璧主義だったと記述されていますが、精神的に幼すぎるのか、感情のぶれによる気の迷いだったのか?如何せん、該当者が准教授と女子学生という二人だけというのが、気になる所ですね。

下世話で申し訳ないが、二人に本分以外の関係があったんじゃないか?と勘繰ってしまいました。
Commented by 玄武 at 2007-04-12 11:00 x
難しいゼミを受けていると云うのが、彼女にとって最大の拠り所であり、その一点で極めて大きなプライドを持っていたのではないでしょうか。
その自負心から、少しぐらい遅れても、まさか留年になるとは思っていなかったのかも。
それがあっさり留年を宣告されて、自分の存在意義すら見失ったのかも知れません。
硬く鍛え過ぎた鉄は折れ易い。
どちらが悪いとかは、この事件を詳しく知らないので何とも言えないけど、どちらも可哀想だと云うのが率直な感想ですね。
ただ、相変わらずのマスコミの偏重報道にはウンザリですね。
Commented by tetorayade at 2007-04-12 23:00
>過去物語さん
留年覚悟で4年生の時の後期試験に臨みました。2年で遊び過ぎ、4年で1単位も落とせないほど、履修科目をいっぱい残していました。卒業できたのが奇跡的で、卒業して何10年経っても、そのときの夢を見ていました。
留年覚悟すれば済む問題。それしかいいようがありません。
Commented by tetorayade at 2007-04-12 23:03
>カミュ さん
この女学生に同情論はあまり起こらないですね。理解に苦しむ。たとえ当事者だったとしても、そんな弱い人間は死んでしまえ、と突き放したくなります。
Commented by tetorayade at 2007-04-12 23:06
>ココア さん
太っ腹なその自動車会社に拍手。実際のところ企業にすれば単位が足らずに卒業できなかったことはそれほど問題ではない。要は本人の実力であり、学歴は履歴書だけの問題で、会社に入ればほとんど意味をなさない。
そんなもんでから、留年ぐらいで命を粗末にするな、といいたい。
Commented by tetorayade at 2007-04-12 23:09
>すきやき さん
私もA型なのでちょっと軽めの完ぺき主義者です。でも、死にたいと思っても即実行するほどの愚か者ではありません。
親御さんがこの准教授を恨んでいるとしたらお門違いか、と。
Commented by tetorayade at 2007-04-12 23:11
> 狸親父さん
なかなかの想像力ですね。そういわれてそんな想像もしてみましたが、逆に大人の関係があれば、寝物語で単位はOK?
Commented by tetorayade at 2007-04-12 23:14
>玄武さん
よほど、優秀な路線を突っ走っていて、はじめての挫折。それまで試験という試験に落ちたことがなかった?
それでも、そんな挫折なんて、長い人生ではへでもないのに、それに耐えられなかった?おいおいこんなことぐらいで馬鹿なことをしてくれるな。
やはり精神構造が変。
Commented by sashiyori at 2007-04-12 23:21
朝ズバのみのもんたの怒り具合に、逆に引いてしまいました(笑)
留年したことがない(そもそも大学に行ってない)僕にとっては、「それが死ぬことか?」と疑問に思わざるを得ません。
Commented by tetorayade at 2007-04-12 23:33
>sashiyoriさん
みのもんたが怒るのは、あいさつ代わりのようなもので、いちいち真に受けていたら何が正しいのか分からなくなってきます。朝からみのもんたに誘導されないようにテレビを観ましょう。
Commented by DEPTH-TRUCT at 2007-04-13 04:00
 その後の詳しい話を聞いていないけど、「そんな弱い人間は死んでしまえ、と突き放したくなります。」とは、”それくらいの気持ち”なのでしょうが、赤ちゃんポストを英断と感じたtetorayadeさんらしくない表現だったと思いました。

 確かにそれくらいで死ななくてもいいと思いますが、この准教授も教育者としてみれば、やはり何がしか自分の教え子の性格を掴む必要はあったでしょう。

 准教授は反論もしているようですが、その反論を何故今しているのかが気になります。自分に非がないことを証すためなのか、ただ、正論を吐いているだけなのか、あるいは反論することで教え子が亡くなった悔しさを表しているのか・・・私は最後であって欲しいと願います。
Commented by 狸親父 at 2007-04-13 08:40 x
下世話な想像させてスミマセン。

も一つ、ついでに。進級は彼らにとっての恋愛関係も一段階上に進展。准教授の下した留年決定は、現在の恋愛関係から進展無しという判断だと、女学生が理解し悲観したのでは?
Commented by tetorayade at 2007-04-14 22:21
> DEPTH-TRUCTさん
赤ちゃんはまだ自分で何もできません。すべてが親にゆだねられているわけですが、この女学生の場合は自分で判断できる大人だから、ついつい突き放すようなことを書きました。
Commented by tetorayade at 2007-04-14 22:22
>狸親父 さん
想像は膨らむ一方ですね。留年させてもっと長く付き合いたかったのかも。
Commented by いつも楽しみにしています at 2007-04-15 00:55 x
自殺した学生に対するアカデミック・ハラスメント、あるいはセクハラがあったことは容易に想像が着きます。マスコミ報道以前に大学側が懲戒解雇という最も厳しい処分を即刻下したことからも、この准教授のそれまで表面化していなかった前科がいかに深刻なものであったかがうかがわれます。
自殺が留年宣告という単一の出来事に対する反応と捉えるのは短絡しすぎです。それまでにどれほどのハラスメントを受けて、なぜ精神的にそこまで追い詰められたかを推測する必要があります。
自殺をした人の大部分は「死ぬ必要まではなかったのでは」と思われるケースがほとんどです。自殺の理由を考える上で最も大事なことは、冷静な判断能力を失うほどの状態に至るまでの過程を調べることだと思います。
反論のすべを持たない死者の名誉を損ないかねない論評は、そうした綿密な調査・考察の上で行われるべきと考えます。
Commented by tetorayade at 2007-04-15 19:45
>いつも楽しみにしています さん
誰でも死にたいと思ったことはあるかと思いますが、それを実行するかどうかなんです。そこに至るまで本人も思い悩んだんでしょうが、簡単に命を粗末にするのはよくない。
綿密な調査もできないのでこんなコメントしかできないのですが。
by tetorayade | 2007-04-11 22:41 | 社会ネタ | Comments(21)