日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

運転士が下痢したらどうなる

いつも疑問に思っていることがある。電車の運転士が急な下痢に見舞われたときは、どうするのか、と。

千葉の新京成電鉄で車掌が腹痛で電車を離れ、同社OBの駅監視員が代行した問題で、その思いが一層強くなった。記事では変りに代行した監視員らを処分するようだが、運転士が下痢で電車の運行を離れた、というニュースは聞いたことがない。

バスの運転士と違って、電車は運行時間に狂いを生じるようなことはできない。いくら体調管理を万全に整えても腹痛などは急に起こるものだ。電車の運転士はサイボーグなわけでもなく、運転中に耐えられないほどの下痢に襲われることもあるはずだ。

その時運転士はどうやって我慢するのだろう。

無線で次の駅にSOSでも出して代行運転士でも要請するのか? それとも運行第一優先で我慢できない場合は垂れ流す?

運転士の適性検査で過敏性大腸炎の人は落とされたりするのか?

疑問、疑問。

鉄道関係者でこのブログを読んだ方、この疑問に答えて。


人気ブログランキン
[PR]
Commented by c_y_wada at 2005-12-09 22:52 x
TBありがとうございます。
本当に、緊急事態の場合はどうなるんでしょうねぇ・・・
気になります。
Commented by tetorayade at 2005-12-09 23:00
>c_y_wada さん
芸人などはお漏らし話もネタにしていますが、運転士が漏らした話は聞いたことがありません。まず、胃腸が強くなければ運転士になれないわけでしょうし、下痢したらどうしよう、と気にする質では運転士、という職業を選択しないのでしょうかね。
Commented by 厚樹 at 2005-12-09 23:29 x
TBどうもです、公式書面等で見たことは有りませんが、噂的には
運転席でしちゃうそうです・・・・まぁそのままするのか、袋等にするのか
は色々状況に応じてあるようですが・・・・・国鉄時代の逸話などを見て
いるとたまにそういう話に出会う事もあります。またトイレに駆け込んで
電車運行を乱した場合、国鉄時代は3分でも賃金カットだったとか
色々あるようですし、ワンマン線だったらEBも定期的に操作しないと
いけませんからねぇ、乗務員は大変です。

スペースシャトルの搭乗員だってオムツして宇宙に上がるわけですから
お腹緩い運転士は始めからオムツをして乗務してるのかもしれませんね
直接聞いた事は無いので、断言できませんけど(苦笑)
Commented by 週末バドラーとし at 2005-12-10 07:55 x
 TBありがとうございます。
また、遊びに来てください。
Commented by antimacho at 2005-12-10 11:00
TBありがとうございます。
トイレくらい、寛大に対応できるくらいの、余裕が欲しいですねぇ。
どなたかが書いてましたけど、会社には「粋」に対応してほしいです。無理かな?
Commented by お疲れ at 2005-12-10 13:46 x
 TBありがとうございました。さおだけ屋はなぜ潰れないかみたいな、素朴なギモンみたいです。「運転手は腹痛を起こしたらどうするか」みたいな。知人に運転手がいないので、聞いてみたいですね。
 こちらからもTB張らせていただきました。
Commented by おかにゃん at 2005-12-10 14:10 x
こんにちは。
さて,とあるJRの運転士に聞いた話ですが,実際にこういう目にあったそうでして,その時は電車を止めたまま,駅事務所に駆け込んで用を済ましたことでした。その間約3分程度。
当然,ダイヤは3分ほど乱れましたが,そのまま普通に運転したそうで,ダイヤ取り戻しのため無理な速度超過とかはしなかったそうです。
ただし,この話は約20年位前のことの話でかつ日中のダイヤゆるゆる時間の話です。今の時代でしかもラッシュ時であったら,本当にどうするのでしょうか,そこは疑問です
Commented by tetorayade at 2005-12-10 21:49
>厚樹さん
例えば、次の駅まで3分としても、気持ちが腹に行ってしまえば、終わり。やはり垂れ流すしかないですよね。ましてや、駅に着いてすぐにトイレに駆け込むわけにもいかないし。
Commented by tetorayade at 2005-12-10 21:51
>antimachoさん
分刻み。大量交通手段。ちょっとトイレに行ってきます、なんて悠長なことは許されるわけないわけですから、下痢気味の時はオシメ着用で乗務ですかね。
Commented by tetorayade at 2005-12-10 21:54
>お疲れさん
過敏性大腸炎の人は運転士にはなれない、ということでしょうか。下痢しても精神力で止められる強靭な頭の持ち主でないと運転士になれないんでしょうかね。下痢したらどうしよう、なんて考えていたら運転士にはなれないわけですね。
Commented by tetorayade at 2005-12-10 21:57
>おかにゃん さん
20年前ですか。でもローカル線なら今も20年前のダイヤで、そんなこともできるでしょうが、都会では無理ですよね。その場合は垂れ流しでしょうね。運転士は全員ストッパーを常備している、とか。本当にストッパーが一瞬で効いたらすごい。
Commented by exp111 at 2005-12-11 00:26 x
はじめまして。トラックバックありがとうございます。

 以前、鉄道関係の雑誌で読んだのですが、アメリカでは大陸を横断するような長距離列車の場合、機関車の運転室に乗務員専用トイレが置かれているようです。排泄物は高温で乾燥させて廃棄するとか。

 また別の雑誌で読んだのですが、現役の車掌がトイレなし電車に乗務中に腹痛を起こし、やむを得ず手持ちの雑誌を開いて乗務員室で用を足したそうです。比較的駅間が離れている区間で、排泄後は窓からモノを捨てたそうです。

 あと二十年以上前の話ですが、新幹線の運転士が腹痛を起こし停車駅のトイレに駆け込んだら列車が発車してしまい、件の運転士がタクシーで列車を追いかけた事件がありました。ところがその後の調べで、運転士は「用足しに降りたのではなく、ドアの異常を示すランプが点いたので様子を見に降りたら発車してしまった」と前言を翻しました。
 ちなみに新幹線には非番の運転士が乗務しており、その人が途中から運転したそうですが、彼が運転席に着くまでの間、新幹線は無人で動いていたのではないかという疑惑があるようです。
Commented by tetorayade at 2005-12-11 21:40
>exp111 さん
数々のエピソード披露ありがとうございます。
大陸横断鉄道はさすがですね。
私の知り合いが電車に乗っていて急に下痢になり、連結部分で用を足したことがあるそうです。
Commented by C at 2005-12-11 23:44 x
ウチの場合、車掌の場合は各駅にいる助役が代行できるのですが、
運転士の場合は代行が認められていないので、遅らせるしかないですね。

が、運転士の腹痛発症というケースは車掌と比べると意外と少ないです。
理由もちゃんとありますよ。
車掌は立ち仕事だけど、運転士は座っているので、便意に対する耐久力はあるわけです。

まぁ、品のある話ではないですね。。。(苦笑)
Commented by worldwalker at 2005-12-12 21:30 x
下痢しないようにするのも自己管理の一部でしょう。そういう職種なんだし。
Commented by tetorayade at 2005-12-12 22:03
>C さん
確かに下痢腹になったとき満員電車で立っているときついけど、座ると落ち着きますね。運転士は運転に集中しているとそれも克服できる強靭な精神力を持っているのですかね。
Commented by tetorayade at 2005-12-12 22:04
>worldwalker さん
二日酔いにならないように、深酒もしないのでしょうね。それぐらいの心構えがなければ務まりませんね。
Commented by toolatetoloo at 2006-02-18 00:51 x
僕の高校時代の部活の後輩は現在、電車の運転士をしていますが、彼は一度だけですが、お腹の調子が悪かった日に、おそれていた便意が乗務中にきてしまい、漏らしてしまったことがあるそうです。便意に襲われたときは夜で終点まで近かったこともあり、万一それでダイヤが乱れてもそれほど多大な被害には繋がらないといえると状況だったらしいです。とはいえ、電車を急に止めるわけにもいかず、とりあえず我慢することに。ところが彼の乗務ももう後少しのところで我慢できずに、ゆるゆるの便をパンツに漏らしてしまったらしい。幸いにも漏らした量は少なく、完全な下痢便でもなく、彼のパンツはブリーフということもあり、便はなんとかズボンまで染み込まずにブリーフの中でおそまってくれたおかげで、助かったらしいです。そのあとすぐに終点で乗務を終えた後にトイレに駆け込んだので誰にも見つからずに処理できたそうです。
by tetorayade | 2005-12-09 22:36 | 社会ネタ | Comments(18)