日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

IRの2番手としてハウステンボスが急浮上

日本のIRカジノはせいぜい2カ所ぐらいに留まるのではないか、との見方が政府筋から出てきている。

世界的にカジノ不況が訪れているからでもある。

加えて、カジノもできすぎである。数が少ないから世界から集まるが、各国にできると客も分散される。

日本の場合、大阪は確定で、残りの一カ所をどこにするか、で急浮上してきているのが長崎のハウステンボスだ。HISにジャパネットたかたの援護射撃も加わった。

長崎は毎日のように大型客船が入港しているように、中国とのアクセスも抜群だ。

ハウステンボスなら娯楽施設とホテルはすでにあるわけだから、カジノ施設を加えるだけでIRが完成する。IRを完成させるまでの手軽さにかけてはナンバー1ともいえる。

この2社は某S社のように腹黒さもない、ホワイト企業である。

それ以前に、一カ所で十分ではある。

[PR]
by tetorayade | 2017-12-15 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)