日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

NHKは殺人か強盗じゃない限りクビになることはない

「殺人か強盗じゃない限りクビになることはない。痴漢や盗撮程度ではウチはクビになりません」と話すのはNHK職員。

「おはよう日本」の森本アナウンサーが電車で女子大生の胸を揉み続けるという痴漢行為を働いて世間を騒がせたのは2012年12月のことだった。

泥酔していて本人は覚えていない、ということだがNHKの取った処分は停職3カ月。アナウンス室から他の部署へ異動になりながらも、現在もNHKで働いている、という。

「ウチは自分で辞めない限り、関連会社に飛ばされるだけ。こんな不祥事はごまんとあるのでいちいちクビにしていたら大変なことになる」(同)

一般的には会社の名誉も傷つけるような行為に当たれば懲戒解雇に当たる。やはり、受信料で成り立っているので感覚がおかしいところがある。

でも、沖縄で女子シャワー室にビデオカメラを仕込んで盗撮していたカメラマンは諭旨免職になっている。確かに懲戒免職ではないので、甘いといえば甘い。諭旨免職は自らが辞めるようにしむけるので退職金は支払われる。

[PR]
by tetorayade | 2017-11-15 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)