日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

入場回数に制限をかけるのはアホか!by 松井知事

IR推進会議が提言をまとめた。

その中で、ギャンブル依存症としては、次のような対策を打つ。

日本人についてはカジノへの入場回数をマイナンバーカードの本人確認で制限するほか、本人や家族の申告でも規制。入場料も課すことなどにより、過度なカジノ利用を防ぐ。

カジノ反対派の意見を最大限に考慮したした形になっている。

この提言に噛みついたのが、大阪の松井知事だ。

b0017844_08364653.jpg

当初は全国で2~3か所へIRカジノが設置される予定だが、候補地として大阪は三重〇。名乗りを上げている海外の有力どころのオペレーターも一番魅力的と考えているほか、大阪府も市もやる気満々。島なので近隣対策も不要。

絶対選ばれる自信からか、松井知事はちょっと傲慢なところもあるが、今回の提言に対して嚙みついたのは真っ当だ。

松井知事が頭にきたのは、入場回数制限やマイナンバーでの本人確認。

この提言は失敗するように、失敗するよう仕向ける内容だからだ。

石橋をたたいて壊しているようなもの。

カジノは日本人が8割以上ではないと成功しないとも言われている中で、入場料を取り、マイナンバーで本人確認。マイナンバーの普及率をみれば、それだけでネックになっている。

ギャンブル産業とは熱中させてなんぼの世界で、きれいなものではない。所詮バクチである。

日本型の対策をとれば失敗する前例を作ることにもなりかねない。

誘致する側としてはそれを一番恐れるので、松井知事の発言へとつながった。

有識者なんてカジノとは無縁の人間だろうから、こんな提言を作ってしまう。




[PR]
by tetorayade | 2017-08-05 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)