日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

ランチタイムに遠慮なく喫煙する人を怯えさせる方法

人気の中華屋での出来事。

昼間はサラリーマン客でごった返す店内。各テーブルは相席となる。

先に席についてラーメンを食っていた20代のサラリーマンのテーブルに、同じく20代のサラリーマンが座った。

席に着くなり、タバコを取り出し一服しはじめた。

b0017844_08574808.jpg

最近、ランチタイムは禁煙にする店が多い中、この店は喫煙可能だった。

ラーメンをすすっていたサラリーマンが喫煙野郎にこう切り出した。

「タバコは遠慮してもらえませんか?」

喫煙野郎の取った態度はこうだ。

「いや、ここは吸っていい店だから」と動じる様子もない。

タバコの煙を気にしながら、我慢して食べていた。

食べ終わって店を出て行く時だった。

「オタクの名前と勤め先も全部分かっているからな」

落ち着いた低い声で喫煙野郎に言い放つと、喫煙野郎の表情が一変した。

強がっていた喫煙野郎の表情は明らかに怯えていた。

本当に知っているのか、はったりかは分からない。

個人情報を知られているとなると人間は不安に陥るということが今回の一件から分かる。


[PR]
by tetorayade | 2017-06-19 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)