日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

SEX依存症は無理に治す必要もない

精神科医の所には様々な依存症に悩む患者が訪れる。

親に内緒でやってきた女子高生はSEX依存症だった。

小3でオナニーを覚えると、毎日、毎日、弄っていないと気が済まなくなり、とにかく中に何かを突っ込みたい衝動が抑えられなくなった。

そんな自分は病気だと思い込むようになり、依存症の治療をしてくれる精神科医を尋ねた。

結論から言うと様々な依存症患者を治療してきた先生をもってしてもお手上げだった。

高校を卒業するとソープ業界に入った。

条例で20歳以上ではないとソープでは働けないが、18歳から雇ってくれる岐阜県へ行った。

毎日、毎日、大好きなSEXができる彼女にとっては、ソープ嬢はまさに天職だった。

先生曰く「依存症でも無理に治すこともないケースもある」

今は東京に戻り、東京のソープで働いている、という。

[PR]
by tetorayade | 2017-05-02 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)