日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

日本は北朝鮮の脅威を騒ぎすぎ

「日本は北朝鮮の脅威を騒ぎすぎ。そんなもん心配しなくてもいい」と話すのは在日関係者。

さらにこう続ける。

「兄弟は殺し合いませんよ」

確かに、韓国でも日本は騒ぎすぎているとの報道があった。

北朝鮮の脅威を一番騒いでいるのはアメリカで、日本はそれに便乗している。

北朝鮮の脅威を騙れば、騙るほど憲法9条の改正、自衛隊から軍隊の必要性が増してくるというもの。

北朝鮮はこれまでも金一族のお家芸であった“瀬戸際外交”で周辺国を手玉に取ってきた。ところが正恩だけは、反正恩をことごとく粛清。ついには腹違いの兄まで殺害して、何をしでかすか分からない狂気を演じている。

正恩の狂気が北朝鮮の脅威をさらに増幅させることになる。

武器商人のアメリカ・トランプ大統領にとっては、これほど好都合な人物はいない。

狂気を演じる正恩は自分の方から戦争をしかけることは絶対にない、との確信がある。朝鮮民族ならそんなことは肌で感じるのだろう。

[PR]
by tetorayade | 2017-05-01 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)