日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

足とオナラが強烈に臭い電通クマ男が新幹線で隣に座ったOLにナンパした

東京在住の26歳のOLは年2回ほどの大阪出張がある。帰りの新幹線で駅弁を食べるのが唯一の楽しみだ。

新大阪発の新幹線は、2列シートの窓側が取れた。

151センチの小柄な彼女の隣に座って来たのは、クマのような巨漢男だった。体重は優に120キロ以上もあるような大柄で、クマ男の体が彼女の席の方にはみ出している。

窓側にしがみつくような姿勢で、クマ男から距離を取った。


京都を出た頃にはクマ男は眠りについたが、大音量のいびきに、よだれまで垂らしている。

トイレに行きたくてもとても声も掛けられる状態ではない。

クマ男はそのうち、革靴を脱いだ。

ここで事件が起きる。

靴を脱いだ途端に、猛烈な悪臭を放ち始めた。

楽しみにしていた駅弁どころの騒ぎではなくなってきた。

あまりの悪臭に通路側のサラリーマンが「足の臭いが臭くて迷惑だから靴を履いてくれないか」と注意したほどの臭さだった。

クマ男は「すいません」と素直に謝った。

第二の事件が起きる。

今度はクマ男がこれまた強烈な臭いのオナラをこいてしまった。

先ほど注意したサラリーマンが再びクマ男に「お前のような奴は指定席に座るな。隣のお嬢さんが可哀想だろうが!」と怒りをぶちまけた。

普通なら喧嘩になりそうな場面だが、クマ男は巨漢を丸めて小さくなっていた。

新幹線は東京駅に着いた。苦痛の2時間半からやっと解放された。

席を立とうとしたとき、クマ男が座って座席に名刺入れが落ちていた。嫌な思いをさせたクマ男のものなので、そのままにしとこうと思ったが、気を取り直して、クマ男を追っかけた。

「これ落としていましたよ」

クマ男が取った行動は予想外だった。

「先ほどは隣でご迷惑をかけたので、ご飯でも奢らせてもらえませんか?」と差し出した名刺が、電通だった。

電通クマ男はなんとナンパを仕掛けてきたのだ。

強烈な臭いによだれ、大音量のいびき。

断ったのはいうまでもない。

[PR]
by tetorayade | 2017-04-28 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)