日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

小池百合子の賞味期限迫る

櫻井よしこが産経新聞で小池百合子が豊洲移転へ決断できないことを批判している。

安全と安心を一緒くたにしていては、この先移転することは無理で、その分、都民の血税が失われるだけで、そろそろ都民も小池の判断ミスに気が付かなければならない時期だ。

櫻井よしこには民主党時代の菅直人首相と今の小池がダブルという。

元々原発反対で自分の政策に合わせるために、避難地域の放射能の安全基準を極端に高くしたがために、帰るに帰れない状況を菅直人は作り上げてしまった。

豊洲は科学的に専門家も安全だと言っているのに、飲みもしない水から汚染物質が出たからと言って不安を煽る。築地だって地下水を調べたら問題があるのにだ。

本来なら11月には移転されていた豊洲。半年間無駄なおカネが使われているが、いつまで先延ばしにするつもりだ。

都民ファーストではなく、自分ファーストだと櫻井よしこには皮肉られていた。

[PR]
by tetorayade | 2017-04-04 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)