日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

森友学園の父母は裕福な愛国主義が多い

森友学園問題が賑やかになって来た。

小学校の認可を下ろしていた大阪府の松井知事はここに来てゴミが撤去されないと許可は下ろさんと言い出して、4月開校は絶望的になってきた。

理事長のカネで片付けようとするやり方が教育者としてあるまじき行為ではないと批判され始めたが、そもそも塚本幼稚園に入園させていた親たちは、森友学園の愛国主義教育にほれ込んで入園させていた。

父母の声をいくつか紹介しよう。

「大阪は特に在日が多いので、自分の子供を同じ空気を吸わせたくない」

「日本を愛する教育を一生懸命やってくれているのに、なぜ、批判を受けなくてはいけない」

「公立の学校は日教組の反日教師がいる。君が代を拒否する先生の下で子供を教育してもらいたくない」

「周りが皆同じ思想なので安心して通わせられる」

「テレビのコメンテーターは自分の価値観で批判しないで欲しい」

「北朝鮮のような教育と言われるのは心外」

森友学園に入園させる家庭の属性は裕福なことが共通しているようだ。

あの理事長なら許可を下ろさなかったら大阪府に対して裁判を起こしそうだ。



[PR]
by tetorayade | 2017-03-03 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)