日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

ことしは衆院解散はないが安倍首相の本音

衆議院の解散が「今年はない」を「今月はない」と訂正した安倍首相であるが、これは「本当に今年は解散はしたくない」とつい本音が出てしまったようだ。

今、解散することに得も損もない。民進党は相変わらずの弱体化路線をまっしぐら。蓮舫が吠えれば吠えるほど支持率は下がる。

トランプ就任後は何が起こるか分からない。

ことしは尖閣諸島に中国が上陸して来るかも知れない。中国の漁船が尖閣沖で遭難して、それを助けるために中国軍が口実をつけて島に上陸して実効支配してくることも想定している。

その前に日本が自衛隊を駐留させて実効支配しておかなければ、ならない。

トランプは日本から米軍の撤退を示唆しているが、中国軍が尖閣諸島に上陸した時、アメリカはどう出るか。

さらに、安倍首相は従軍慰安婦像撤去問題で、韓国を攻めるチャンスとばかりに大使を一時帰国させた。一時帰国という表現だが召還と変わらない。

召還という意味は派遣していた大使を命令で帰国させる。外交上非常に危険な状態で、国交断絶の一歩手前でもある。それで一時帰国という表現にしたのだろう。

韓国人は非常に感情的になりやすいので、これで像を撤去したら暴動が起きる。それを恐れた韓国政府が設置を認めたのだろうが、自国民をコントロールできない政府では、政府の体をなしていない。

さらに、北朝鮮はなにか大事件を起こしそうな不穏な動きがある、という。

そんな状況で衆院解散なんかをしている場合ではない?



[PR]
by tetorayade | 2017-01-10 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)