日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

澤穂希の講演料440万円にドン引き

ある法人会が定期的に著名人を招いて講演会を開いている。

過去、読売新聞の特別編集委員の橋本五郎を招いたことがあった。ギャラは30万円だったが、話の内容が自分の母親に終始して、「全くつまらなかった」と大不評だった。

そして、今回、サッカーを引退した澤穂希を呼ぶことにしたが、ある理由で断念した。

その理由とは講演料だった。

な、な、なんと!

90分の講演料が400万円、と超お高い。

さらに、メイキャップ代などの諸経費が40万円というから、びっくらこく。

440万円も出して、澤穂希の話は聞きたくなくなった、という。

本人が値段を決めているとは思えないが、いくらなんでも高すぎる。

橋下徹は200万円だったな。

[PR]
by tetorayade | 2016-12-10 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)