日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

あごだしブームであご不足、そしてだし道楽も値上げ

あご出汁の旨さを知るとその虜になる。

あごの炭焼きが丸ごと入っただし道楽もその一つだが、あご人気であごが不足していることから、ついに650円から700円へ値上げしていた。

毎日新聞があごだしバブルを次のように伝える。

トビウオを原料にした「あごだし」がブームとなり、長崎県のトビウオ漁が活況を呈している。1ケース(12キロ)の平均取引価格は、2000円程度だった3年前の4倍近い7800円に急騰。思わぬバブルに、地元漁師の間では「あご御殿も夢じゃない」と景気のいい皮算用が飛び交っている。

あごだしブームの火付け役になったのが、このだし道楽である。

焼きあごが丸ごと入ったインパクト、だしを自販機で販売する珍しい手法でテレビ、新聞、雑誌でもたびたび取り上げられ、ブームを牽引してきた。

b0017844_08374876.jpg
理由を張り紙にしていたが、500mlで700円は主婦の目からすると割高に映る。

b0017844_08380486.jpg
それでも、一度買い始めると50円の値上げにもめげずに買ってしまう。

二反田社長があごを仕入れるのに苦労しているのが目に浮かぶ。



[PR]
by tetorayade | 2016-12-01 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)