日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade
カレンダー

日本がメダルを取った種目の報奨金は…

リオオリンピックでは連日のように日本選手がメダルを獲得している。

金メダルも12日現在7個となった。

内訳はこうだ。

1.水泳男子400メートル個人メドレー 萩野公介

2.体操男子団体

3.柔道男子73キロ級 大野将平

4.柔道女子70キロ級 田知本 遥

5.柔道男子90キロ級 ベイカー 茉秋

6.体操男子個人総合 内村航平

7.水泳女子200メートル平泳ぎ 金藤理絵

そこで気になって来るのがメダルを取った時の所属する団体からの報奨金だ。

b0017844_11404676.jpg

驚くべきは柔道は報奨金は一切なし。

柔道はメダルを取って当たり前。報奨金を出していたら財源がいくらあっても足りない、ということか。

体操は金でも50万円。サラリーマンのボーナス程度の額なのに、自転車はけた違いの5000万円となっている。競輪界はギャンブルなので財源が潤沢なのだろう。

こうしてみると、今回金メダルを取った種目は報奨金目当てではないことが分かる。

ちなみに萩野選手はJOCから800万円を貰える。




[PR]
by tetorayade | 2016-08-13 00:01 | スポーツネタ | Comments(0)