日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

警察は参考人には交通費と日当を支払わなければ行けない

ある事件の参考人として各地の県警へ呼び出された人の話。

「警視庁は大阪から東京までの新幹線代と日当が出たが、他の県警は一切でなかった。わざわざ参考人として呼び出しているのだから交通費は出さなければいけない。出さない県警はそれで裏金を作っている」

一般的に生涯のうちに警察へ参考人として出頭することはまずない。従って遠方の場合、交通費が出るかどうかなんてことは分からない。警察に呼ばれるということは自分に負い目もあり、そんなことを聞く余裕もない。

「交通費を払ったかのように警察内で領収書を偽造して、それを会計に回して交通費や日当を横領している。それが警察の伝統的な裏金作りの方法」

そういえば、業界の釘調整問題で、摘発された愛知県のホールに、長野県の会社が作成しているゲージ表があった。

参考人としてゲージ表会社の社長は、愛知県の所轄まで出頭することになったが、やはり交通費は出なかった、といっていた。

この警察の組織的な不正を暴いて愛媛県警を辞めた巡査長が、かつて鹿児島県阿久根市の副市長に就任したことがあった。



[PR]
by tetorayade | 2016-08-11 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)