日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

鳥越は無理、民進党関係者からも諦めの溜め息

出るわ、出るわ鳥越俊太郎のネガキャン。

文春砲は女子大生に淫行した過去の疑惑をこのタイミングで鳥越陣営に打ちこんだ。

百田尚樹は鳥越が突如選挙公約としてガン検診100%を謳いだしたことに対して、保険会社から多額の講演料をもらっている関係性を暴いた。まるで保険会社のセールスマンのような公約はそういうカラクリがあった。

ボケ老人、健康面の不安をカモフラージュするために、街頭演説は最初から1日2回のスケジュールが組まれていたが、民進党関係者からはこんな本音が聞こえてくる。

「悪いネタばかり出て来て、もう無理だと思う。街頭演説で握手したり、一緒に写真を撮るだけでも票につながるのに、街頭演説の数ですでに圧倒的に負けている。始めからあの年齢の人を出したことが間違いだった」と選挙戦中盤で早くも敗北宣言。

ジャーナリストとしての華々しい実績もなく、見た目が若いというだけで、担がれたのが鳥越、ということが日を追うごとに分かって来る。

「万が一当選しても、1~2年で病気になりました、ボケが発生しましたでは、民進党の信用もなくなる」と当選しても不安材料が一杯な候補なんて鳥越の他にいない。



[PR]
by tetorayade | 2016-07-22 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)