日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

季語の使い方を知らない案内文

あえて店名は伏せるが、変なお知らせを見つけた人がいた。

それがこれ。
b0017844_08254850.jpg
日付は6月1日なのに、文章の始まりが「春和の候」。

6月に春和はない。

春が和らぐ季節といえば、4月。

しかも、春和は調べてみると、ピンスポットで使われる季語で、ズバリ4月中。4月までしか使っちゃダメ。

6月なら次のような季語になる。

深緑の候
入梅の候
梅雨の候
初夏の候

せっかく、使い方が間違っているのを教えてあげたのに、文章を直すことはなかった。

学のない店だな、という印象を与えるだけだ。

[PR]
by tetorayade | 2016-06-25 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)