日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

参院選を戦うためにここ1~2週間で舛添は辞任へ

連日、舛添都知事の報道が続く。

公私混同に加え、やり方があまりにもセコくて都知事の器ではないことが白日の下に晒されている。

都知事に推薦した自民党にも泣きついてきているようだ。一時は選挙費用がもったいないので、このまま任期満了まで続けさせるつもりだったが、雲行きが怪しくなって来た。

「7月の参院選で民進党は、このまま舛添が居座っていたら、推薦した自民党の責任追及をしてくることは見えているので、参院選に影響がでないようにここ1~2週間で辞任してもらう方向で話し合いが持たれている。百条委員会で恥を晒すより辞任した方が本人のためにもなる」

政治の世界は一寸先は闇といわれているが、日ごと情勢は目まぐるしく変わっている。

政治評論家の田崎氏は、今、辞任する4年後の東京オリンピック前にもう1回都知事選をしなければならないので、辞任は参院選後の9月、と読む。

6月か9月かの違いはあれども、もはや辞任は既定路線になってきた。

舛添はそんなことで辞めてしまうのか? 舛添の辞書に負けることは最大の恥とされている。

セコさと公私混同を認めて、任期を満了することはできないのか?



[PR]
by tetorayade | 2016-05-26 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)