日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

w不倫が発覚した吉池ホテルのエレベーター

大手メーカーの工場での話。

その工場の規模は従業員数は約200人。この規模で社内不倫がお盛んだった。

主役の夫婦は旦那が50代、奥さんが40代で、夫婦で同じ工場に勤務していた。この夫婦が2人共社内不倫を働いていた。

それが発覚したのは、こんな偶然がどうして起こるのか、という確率だった。

発覚した場所は上野の吉池ホテルだった。チェックアウトでエレベーターでフロントに降りている時に、エレベーターの中で2組の不倫カップルが鉢合わせしてしまったのだから、さあ、大変。修羅場と化す吉池ホテルのフロント…。

社内w不倫は結局会社に知れることになる。

旦那が不倫していた相手は20代、奥さんが不倫していた相手も20代で共に部下だった。

旦那は20代の女の子に会社を辞めるように求めたが、それを拒否。そして、会社に事のすべてを喋った。

この問題を扱うのは人事部だ。

社内不倫問題が、人事部に知れたのは今回が初ではなかった。そこで、この問題を扱うに当たり、人事部は隠語でこの事案を「ベッ●ー2号」と名付けた。

人事部は4人を呼んで事情聴取を行った。上司である夫婦は降格、ボーナス査定もゼロ回答。この際と思い知っている社内不倫しているのが後5人いることをぶちまけた。

夫婦は離婚に向けて話し合いが持たれているが、会社を辞める気配はない。

奥さんと不倫していた若者は「恥ずかしくていれない」と退社の方向に進んでいる。一方の旦那と不倫していた女の子は「相手が退社するまで意地でも辞めない」との覚悟を決めている。

この問題の担当となった人事部の担当も社内不倫をしていた。

「これからかわいい子は採用しないようにする」

これが社内不倫防止につながるのか?



[PR]
by tetorayade | 2016-05-29 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)