日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

日式ソープを中国でやるためにソープの先生をスカウトに来た中国人

中国人観光客の隠れた人気スポットにソープがある。

中国人ガイドが中国人観光客を連れて来てくれるソープは大いに流行っているというほどだ。

日本人の若者の風俗・ソープ離れを中国人が補ってくれている形だ。

ソープ嬢が困るのは中国人は会話が成り立たないこと。日本語も英語もできない。

そんな状況で店の許可を得て、通訳を交えてソープに来た中国人客がいた。

ことを終えて中国人はこう感激した。

「中国はこんなにサービスしてくれる風俗はない。おもてなし文化がソープまで浸透している。感動した」

そして、通訳をつけた理由が明らかになる。

「日本式ソープを学びたいので、名古屋、大阪、京都の風俗を回って東京に来た。中国で日式をやったら絶対に流行る。それで中国に来てソープのテクニックを教えてくれる人を探している」

ソープのオーナーを交え、ギャラの話になった。

ソープ嬢とオーナーは多少吹っかけて1日15万円、10日で150万円のギャラを提示したところ、速攻でOKを出してきた。

日本式おもてなしソープが中国を席巻する日も近い?

[PR]
by tetorayade | 2016-05-23 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)