日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

また行きたい北朝鮮

今年北朝鮮へ行ったノンフィクションライターが、「もう一度行きたい」とすっかり嵌っている、という。

このライターは韓国人女性と付き合っていたことから、片言の韓国語は喋れた。

北京へ飛ぶと北朝鮮へのツアー旅行が販売されており、そのツアーで2泊3日の滞在だった。

ツアー中はガイド兼監視員付きで、指定された場所を回るものだった。一番驚いたのは北朝鮮には美人が多いということ。そんなに酷い国という印象はなかった。

ホテルで寛いでいるとドアがノックされた。

昼間の男のガイドだった。

女性の写真を見せて「どうですか?」と買春を勧めてきた。

写真はモデル級の美人ぞろいだった。

ノンフィクションライターである。何事も経験。

自分好みを選んだ。

部屋にやって来たのは、本人ではあるが、随分写真とは違う。

「化粧の乗りが悪かった」

片言の韓国語を駆使して北朝鮮女性と会話した。韓国語と北朝鮮ではアクセントが違うので笑われた。

料金は日本円で一晩3万円。

このうち、女性に渡るのは5000円ぐらいだそうだが、それでも北朝鮮では大金であることには違いない。

コンドームの質は最悪だった。指サックまでぶ厚くはないが、酷いものだった。

スナック菓子も色々食べたが、すべてまずかった。

それでもまた北朝鮮へ行きたい、というのは女性だ。

喜び組に篭絡されるのと同類だ。



[PR]
by tetorayade | 2016-05-15 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)