日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

社名変更した方がいいモランボン

モランボンといえば、焼き肉のたれや餃子の皮などを製造販売する食品メーカーだ。

かつては総連系企業として祖国へ資金援助もやっていたが、先代が亡くなると「朝鮮料理」の看板を外して「韓国料理」にすげ替えるなど、脱総連にまい進してきた。

そもそも社名のモランボンとは北朝鮮のピョンヤンにある小高い丘の公園の名前から取ったものだった。

北朝鮮のニュースの中にモランボン楽団の情報などが流れてくる。これは正恩の肝いりで2012年に結成されたガールズバンドで、音楽の才能と美貌を兼ね備えた女性が集められている。

今は総連企業ではないにしろ、社名のモランボンは出自を隠すことはできない。

府中駅前にあるビルの中にモランボン直営の焼き肉店がある。

4階が一般的な価格の焼き肉店で、5階が高級店だった。

数年前に4階を閉め、5階も改装のために閉店する、という。

4階を閉めたのは客が入らなくなったことが原因だが、これはモランボン楽団によって、改めてモランボンは北系企業であることが認知されてしまったのが隠れた原因のような気がする。

そう、韓流ブームで新大久保に韓国系の店が急増して、日本人で賑わったが、李明博から始まり、朴大統領に引き継がれた反日政策に嫌気が指した日本人が新大久保から消えたように。

府中で愛されてきた企業だが、ここはモランボンの社名を変更した方が賢明な時期に来ている。




[PR]
by tetorayade | 2016-04-17 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)