日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

正恩の暴走は総連と決別するチャンス

凶暴な正恩は自分は、オオカミ少年ではないことを実証するために、核開発に突き進んでいる。

正恩の行動を制止する側近は、たとえ身内といえども簡単に粛清してしまう。もはや正恩にブレーキをかける者などいない。

大陸間弾道弾で一番重要な技術は、一度宇宙へ出た核弾頭を大気圏を突破して再び目的地を攻撃することだ。北朝鮮には大気圏に再突入させる技術が完成していない、といわれていたが、その技術を習得したことを誇らしげに伝えていた。

アメリカのワシントンを攻撃する準備を着々と進める一方で、正恩が攻撃対象としているのが日本にある米軍基地だ。

この脅しでアメリカの譲歩を引き出すつもりだ。

総連本部もすっかり弱体化して、集金マシーンの機能も果たせない。

「共和国へいる親族もどんどん死んでいるので総連と決別するチャンス。決別したらミサイルが飛んでくるかもしれないが、将来のことを考えると、それでも決別を選ぶ」(総連系)

本国へ帰った親族が人質に取られているために、総連に協力していた人も時間の経過と共に確実に様変わりしている。



[PR]
by tetorayade | 2016-03-19 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)