日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

後から紳士になる

現在は副会長になっちる人の常務時代の話。

常務といえども直系ではないので、小遣いもあまりなかった。

そこで、販社が接待漬けにして、台当たり2~3万円のキックバックをする、ということで機械はその販社から買うことにした。

当時は年4回ほど大幅に新台を入れ替える時代。従って、機械の入れ替え台数も半端ではなかった。

新台入れ替えが終わると、紙袋一杯に詰め込まれた札束を常務に手渡した。年間にすれば1億円以上の裏金が常務の手元に渡った。

以来、業者から裏金をもらうのは伝統になる。

ところが、身内から内部告発があり、降格処分など痛いお灸を据えられたことがある。

最初からクリーンな会社など早々ない。

[PR]
by tetorayade | 2016-03-13 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)