日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

清原復帰は覚せい剤撲滅をテーマにした講演活動から

「清原は腐っても鯛」と話すのは週刊誌ライター。

それだけ大物ということだが、覚せい剤で逮捕された酒井法子がパチンコ営業で仕事を再開したように、清原もそのチャンスがある、という。

「男気ジャンケンのようなイベントではなく、ホールの駐車場でもいいからそこで覚せい剤撲滅の講演をやらせる。相当人が集まりますよ。その受け皿になるのがパチンコ屋さんだと思う」

元々ホール営業で日銭を稼いでいた清原だから、ホールで講演することに違和感もない。

覚せい剤撲滅というテーマがあれば、社会性もある。



[PR]
by tetorayade | 2016-03-07 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)