日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

悪いクレーム対応例

パシオスで靴下を買った人の話。

パシオスとは創業は明治時代で、衣料専門店で関東と中部で展開している。

買ったのは3足組の靴下だった。

3足目を使おうとしたときに穴が空いていることに気づき、店へ交換に行った。

その時のレジの対応がこうだった。

「これは3足ぐみですから、後2足なければ、返金できません」

「1/3の返金でいいじゃないか」

そんな押し問答が後、同じ靴下があったのでそれと交換してもらった。

まず、「申し訳ございません」と詫びることを一番最初にしなければいけないのに、そんなこともできないことに腹が立った。

それで本社に電話した。

するとここでも、詫びることもなく「よく指導しておきます」で終わった。

本来、苦情があった場合は、責任者がいなければ、折り返し電話をしてくるものだが、それもなかった。

歴史もあり、店舗数も150店舗もありながら、人材教育が全くできていないことが分かる。

これが百貨店だったらあり得ない対応である。

「ここまでやってくれたか、と思わせるぐらいしないと客は二度とその店では買わない」とはクレーム対応の専門家。

昔のユニクロも酷かったな。

商品に不具合があったので本社へ送ると、そのお詫びとしてシャツや靴下を送ってきたのだが、その靴下に穴が空いていた。


[PR]
by tetorayade | 2016-03-01 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)