日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

江戸の敵は長崎で討つ

イスラム国で殺害されたフリージャーナリストの義父が出入国管理法違反幇助容疑で逮捕されたのは、今月6日。

これが義父でなければニュース価値もないような小さな事件で、メディアに取り上げられることもなかったことだろう。

では、どうして逮捕されたのか、ということに関心が行く。

伏線はあった!

フリージャーナリストの実母は事件当時、メディアにも引っ張りだこ状態で物静かな感じでも、目立つ人だった。

伏線とはこの母親のほうにあった、といっても被害者なのだが。

このお母さん地元で女子大生が乗った自転車にぶつけられてケガをして110番した。

そこにやって来た警察官が、何という偶然か、女子大生とは恋人関係にあった。

付き合っている女子大生が起こした事故だったために、事故をもみ消そうと画策した。

そのことを知った義父がマスコミや政府関係者のつてを使って、この話が警視総監のところまで行ったそうだ。

もみ消そうとした警察の方が悪いに決まっているが、警察も黙ってはいない。

それが、今回の逮捕劇ということだ。

必ず報復するのが警察組織である。

こんなことを書くと身辺調査の対象になる? そこまで警察も暇ではないだろう。

もし、何かあったら、これを読んでいたことになる。



[PR]
by tetorayade | 2016-02-21 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)