日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

京都から茨木の実家までタクシーで帰る散髪屋の娘

散髪屋のマスターの娘は相変わらずの豪傑ぶりを発揮している。

歳は27歳。

正月に京都から実家の茨木までタクシーで帰ってきたそうだ。

久しぶりの家族団らん。この娘がいるだけで部屋中に笑いがこだまする。

一ときの家族の再会を楽しんだ後、帰り間際に親に渡したおカネが何と100万円。スケールが違う。

帰りもタクシーで京都まで帰って行った。

で、娘の職業は祇園でクラブママ。もちろん雇われだが、時給制で1時間1万3000円。5時間働いたとしても日給6万5000円。

25日出勤で162万5000円。年間2000万円近くを稼ぎ出している。

それまでは大阪の新地で働いていた。

新地は3倍返しが基本だという。

例えば、お得意客の誕生日のプレゼントだ。

500万円の時計をプレゼントしたママに返って来たのは、1500万円の車だった。

ところが祇園では、そこまでの豪快さはない、という。

ママという立場で若手も育成しているが、一番最初に注意することは電車や自転車通勤の厳禁。クラブホステスたるものはタクシー出勤が当たり前。

それを日ごろから実践するために、実家へ帰るのも電車を使わずタクシー。

育てたいと思った女の子には5万円ぐらいの化粧品もポンとプレゼントする。

日本経済をしっかり回している。

[PR]
by tetorayade | 2016-01-12 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)