日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

日本とヨーロッパの価値観の違い

日本には女房と畳は新しいほど良い、という諺があるのに対して、ヨーロッパには女とワインは古いほど良い、と対照的な諺がある。

去年から車齢13年の車の自動車税が15%アップしている。理由は古い車は環境負荷に悪い?ということらしい。

ヨーロッパでは車は長く乗れば乗るほど安くなる、というからこれまた対照的だ。

環境負荷がかかるということは意味不明だが、要は自動車産業を育成するために政府が後押しして、新車をどんどん買え、ということだろう。

ま、最近の家電の中でもエアコンや冷蔵庫、洗濯機は昔の機種よりも電気代や水道代がかからないように出来ているので、古いものを大事に使うより経済的だったりするので、古いものを大事に使うことが一概に美徳とはいえない。





[PR]
by tetorayade | 2016-01-16 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)