日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

新年早々タイヤを盗まれた!

正月早々、まったくついていない人の話。

田舎へ車で帰省した。10日ほど前にタイヤ4本を新品と交換したばかりだった。タイヤ交換と調整を含めて79800円かかった。

朝方、まだ夜も明けきっていない時間帯に駐車場へ行ってみると、タイヤが随分汚れていることに気づいた。雪道でもないのに、どうしてここまで汚れているのか不思議だったが、よくよく見るとタイヤ4本が古ぼけたタイヤとそっくり交換されていたのだ。

しかも、中のワイヤーが出るほどに擦り切れたボロボロのタイヤと。
b0017844_14384630.jpg
b0017844_14383192.jpg
突然の出来事に頭が真っ白になった。

1本は空気圧が足らない。

このままでは東京に帰れないが、オートバックスも元旦で営業していない。

しかたなく、空気圧が足らない1本だけをスペアタイヤと取り換えることにしたが、そのスペアタイヤがない。

車種はマツダのMPV。

普通は後ろのトランクルームにある。ワンボックスもリアゲートの辺りにあるが、その場所にない。

こういう時はググるのが一番。

前方と後方のシートの間に格納されていることが分かる。
b0017844_14525189.jpg
スペアタイヤと交換してすり減ったタイヤのまま自宅まで戻ることはできたものの、ここでまた新たな発見をする。

ディーラーに「スペアタイヤの位置が分かりにくかった」と電話したところ、最近はスペアタイヤそのものを常備していない、という。

パンク修理剤で応急処置をするのだとか。

それよりも、犯人像である。

タイヤを交換したのは夜中。

暗闇の中でよくも新品のタイヤを見つけて、古いボロボロのタイヤと交換した早業。

素人ではなく、プロ集団の仕業の様に思えるが、タイヤ盗難は意外と多かった。狙われやすいのはスタッドレスと履き替えた冬場。野外駐車場の早朝。

今回の犯人はカモフラージュのために古いタイヤを装着していたが、タイヤを盗んだまま放置するケースの方が多い。

対策としては左側が壁の所に止めるなどすれば、少なくとも狙われない。そうでない場合は、ハンドルを斜めに切って止めること。面倒なものは狙わない。







[PR]
by tetorayade | 2016-01-06 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)