日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

日本主導で慰安婦問題は解決か?

安倍首相は韓国側が譲歩しなければ椅子を蹴って帰るように岸田外相には指示を出しているようだ。それほど、今回の会談は日本側が強い立場にある。

韓国が慰安婦問題で折れようとする理由は、断末魔状態にある韓国経済にあった。

今年2月、日韓の通貨スワップ協定の延長を申し出なかった朴大統領。日本にとって何のメリットもないが、それは外貨不足に陥りやすい韓国のためのものであったが、反日色を色濃くしたい朴大統領の間違った判断だった。

結局困ったのは韓国側で、財界を使って再開を求めている。

韓国が延長しなかったのは、中国にすり寄り、中国とスワップ協定を結んだわけだが、肝心の中国が経済が失速して、人民元スワップが悲鳴を上げている。

それで、もう一度日本とドルスワップを結びたい、と都合のいいことを言いだしてきている。

韓国は無視するのが一番ということがよく分かる。

日本側は慰安婦問題では人道的立場の譲歩以外は一切しない覚悟で臨んでいる。日本側が要求する慰安婦像を撤去しない場合は、話し合いが決裂してもいい、と思っている。

それほど、強い覚悟で、この面倒くさい問題を早く決着したいと思っている。

日本側を強い態度にさせるのは、韓国が中国にすり寄ったことで、アメリカ・オバマ大統領の怒りを買っているからだ。アメリカも韓国を助けない。すり寄った中国も頼りにならない。

となると、日本に泣きつくしかない。

今回は日本が主導権を握っている。

韓国経済を牽引するヒュンダイ、LG、サムスンがダメになれば、だめになるほど日本側には有利になる。日本製のテレビが売れなくなったのは韓国製品の台頭だった。

これを書いているのは会談が始まる前の午前中。

予測では韓国が日本側の要求を呑むはずだ。





[PR]
by tetorayade | 2015-12-29 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)