日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

高額値段で誰が行くねんの大阪英語村

エキスポシティーの中である意味異彩を放っているのが、大阪英語村だ。
b0017844_23041335.jpg
体験型の英語教育施設は関西初。で、どんな施設かというとこう説明されている。

アメリカの特徴的な都市、地域、文化、歴史などを背景に、留学気分で楽しみながら学ぶ「エデュテイメント」施設となります。

どちらかというと子供向けの施設なのだが、料金はとても子供向けではない。

b0017844_22462520.png
平日5400円で、土日は6400円と何とも強気な値段だ。

あさも思わず、「びっくりぽんや」。

どんなことをしているかというとこんな感じ。

TV トークショーの司会者になって一般の人たちやハリウッドセレブなどにインタビューをしたり、ニュースキャスターになってニュースを読んだり、気象キャスターになって天気を伝えたりするなど、Role-playを通じてさまざまな表現を学習できます。

費用対効果ではないがそれだけの値段を出す価値があるのか、ということにつきる。

これ、家族で行くとすぐに1万円は吹っ飛ぶ。子供が多いと下手すりゃ2万円、3万円コースだ。

関西人がそんなにおカネを出すとは思えない。

ニフレルが大人1900円、子供1000円を考えても英語村に行く人はおらんぞ。

そのうち、値引きをすることになるんだろうな。

いずれにしても前途多難1号に決定。



[PR]
by tetorayade | 2015-11-22 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)