日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

風俗に行けなくなってダッチワイフを買ったのはいいが…

梅毒にかかった風俗ライターの続編。

性病科の病院へ通っているうちに、一人の患者さんと話すようになった。

年齢は還暦を超えて、定年退職して1600万円の退職金を手にしていた。20年前に離婚。3人の息子は全員結婚している。

このおっさんが無類の風俗好き。精力絶倫。退職金を全部風俗につぎ込むつもりだった。

ところが、淋病にかかったのかと思って病院に行ったところエイズだったことが分かった。

エイズというショックより、生身ではエイズを移してしまうので風俗に通えなくなることの方がショックだった。

精力絶倫おやじは、そこで50万円もするオリエンタル工業の精巧なダッチワイを買った。

ところが、1回使って気分が萎えてしまった。

それは、使用後に自分でダッチワイフの局部を始めとして、洗ってメンテすることにアホらしくなってきた。

今は一人暮らしで、普段は箱の中に入れているが、もし、エイズで死んだ時に、このダッチワイフの存在を息子たちに知られることが嫌で嫌でたまらなくなった。

それで売ることも考えているのだが、果たして人が使ったダッチワイフを買う人はいるのか?という疑問も湧いてきている。

普通に考えたら、洗っていてもおっさんが舐めまわしたダッチワイフを買うもの好きもいないだろうに。

[PR]
by tetorayade | 2015-11-18 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)