日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

集金した現ナマで助かった飲酒運転

面白い話が届いた。

深夜、クライアントのところで一仕事を終え、クライアントの車で駅まで送ってもらっている時だった。

信号待ちしている時にオカマをほられた。

相手の車は軽自動車。クライアントの車はクラウンだった。

運転していたのはサラリーマンで社用車で、酒臭いのが一瞬にして分かった。飲酒運転をしての追突事故だ。

クラウンはトランク部分までへこんでいた。

「修理代を今払いますから、警察を呼ばないでください」と必死で懇願してきた。

同乗者は車関係の仕事をしているので、事故から一瞬にして修理代をはじき出した。

「トランクまで行っているので30万円はかかる。ただ、下取りに出す時事故車扱いになるので、査定が下がるからその分を加算すると50万円かかる」

そんなやりとりが始まったが、クライアントが機転を利かせてこれからのやり取りをスマホに録音することにして、仕切り直した。

すると、加害者がいきなり帯封のついた束を出した。

事情を聞けば、ちょうど集金してきたカネで、集金後にお客とついつい一杯飲んでしまったらしい。

「あなた飲酒運転してるんでしょ。こんなことじゃ、110番します」

「じゃ、今、私にできる限界はここまでです」といって20万円をプラスした。

総額120万円。示談が成立した瞬間だった。

加害者はサラリーマン。社用車で飲酒運転して事故を起こしたわけだから、懲戒免職になることは必至。退職金もなしで会社をクビになるわけだから、自分のまいたタネとはいえ120万円は安いもの。

集金した日は土曜日で、120万円は月曜日までに工面すればよかった。

修理代を50万円として、70万円が慰謝料となった。

このサラリーマン、集金した現ナマがなければ、警察に通報され、酒気帯び運転で逮捕されると共に、人生を棒に振るところだった。

[PR]
by tetorayade | 2015-09-10 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)