日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

安倍首相の強運

「安倍首相は本当に強運だ。これで安保法制に追い風が吹き始めた。拉致問題が期限までに解決できなくても言い逃れができるようになった」とそんな声が政界から聞こえてきた。

ちょっと前から北朝鮮と韓国が準戦争状態になっていることがその理由。金正恩は自分の威厳を示すために、歯向かうものは身内といえども処刑する恐怖政治を敷いている。

北朝鮮をこけおろす大音量のスピーカー放送に対して砲撃したが当たらなかった、ともいわれ、放送を止めないと攻撃する、との脅しに対して、朴大統領も一歩も引かない。下手すると戦争が起こる可能性も出てきた。

これで中国がどう出るか?

北朝鮮に加担したいところだが、朴大統領は中国を訪問を決めている。

「もっとドンパチしてくれた方が安保法案には神風が吹く。北朝鮮は日本へ発射できるミサイルを200発抱えている。中国も北朝鮮も話し合いで解決できる国ではない」

拉致問題は9月に動きを見せるのではないか、ウルトラCでは安倍首相が北朝鮮へ行って拉致被害者を連れ戻すのではないか、と見られていた。

「これで年内の訪朝はなくなりました。戦時体制の国に一国の首相が行けるわけがないですからね。年内に拉致問題が解決できなくても安倍首相の責任は逃れることができます。だから、強運なんです」



[PR]
by tetorayade | 2015-08-24 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)