日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

東芝で始まる大リストラ

粉飾決算で大事になっている東芝。

今日24日、銀行団による支援会議が開かれるそうだが、ここで東芝側も支援してもらう条件として大胆なリストラ策が予想されている。

可哀想なのは今年、K応を卒業して東芝に入社したばかりの青年だ。兄は同じくK応卒で3年前に日立へ入社。

兄と同じく日立からも内定をもらっていたが、兄と同じ道を歩みたくない、ということから東芝を選択した。

「人生躓いた」とふてくされているようだが、上司からは「君たちは対象外だから」とはいわれている。

東芝がおかしくなったのはリーマンショック。

この時倒産してもおかしくない状態に陥った。そこから粉飾決算に手を染めてしまった。

すべては会社の延命措置だった。

東芝といえば、初めて買ったカラーテレビが、どういうわけか東芝だった。子供心に「なぜ松下電器ではないのだ!東芝なんて2流メーカーじゃないか」と思った。

これはおやじの選択だったが、自分自身東芝製品を買ったことは一度もない。








[PR]
by tetorayade | 2015-07-24 00:02 | 社会ネタ | Comments(0)