日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

在日韓国人も本国のやることが信じられない!

民団大阪本部は26日、本部会議室で、韓国における国外財産調書と兵役行政についての研修会を開く。時間は午後3時から5時まで。
研修会は、韓国の税務法が改正されたことを受けたもの。改正税務法では、在日韓国人で日本国外に5000万円以上の財産を持つ人に対する国外財産調書提出が義務付けられている。
当日は、税務法と相続税に関する説明のほか、兵務行政に対する説明も予定されている。韓国の兵務庁と国税庁から講師が来日する。


この一報をくれたのは在日韓国人のオーナーだった。

最近は韓国政府のやることなすことに不満が爆発しているが、この資産管理にも「海外に資産を持っていても申告するものは誰もいない。血族主義が強いのが韓国人で、アイデンティティがあったので帰化しなかったが、もはや韓国籍のメリットはない。韓国人でいることに何らプラスになることがない」と声を震わせる。

韓国籍であるだけに、最近の嫌韓ブームも相当堪えている。

新大久保には韓国食材を扱う知り合いがいる。嫌韓ブームの煽りで50店舗以上が閉店して、売り上げも激減している、という。

そういうことを目の当たりにしていると、韓国政府のやり方がいちいち腹立たしい。

「世界遺産の掌返しも、それなら始めからするな、といいたい。何を考えて反対したのか、本国が信用できない。余計なことばっかりしやがって、在日の邪魔ばかりをしている。徴兵制もない日本の方がよっぽどいい」

孫が日本国籍を取得することに、もはや反対はしない。




[PR]
by tetorayade | 2015-07-07 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)