日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

カジノを推し、たかじんが生きていたら都構想は実現した

大阪都構想で維新・橋下が僅差で負けた。

たら、ればになってしまうが、勝つ秘策はあった。

写真を見ても分かるように、反対が湾岸区の反対が多い。元々財源が少ない地区なので、住民サービスが低下することを恐れて、反対に回ったものと思われる。
b0017844_08590734.jpg
しかし、湾岸区といえば、カジノ構想を持つ場所で、カジノがオープンした暁には一躍財源が一番豊富な区になる可能性があった。

さすがに、運動期間中はそんなことは謳えないが、「カジノができたら湾岸区は一番金持ちになる」と訴えたら、賛成派の方が増えた可能性が高い。

惜しまれるのはたかじんだ。

橋下の後見人ともいえる故たかじんが、賛成派に回って橋下を応援していたら、流れはもっと変わっていたはずだ。

この2つを実現していたら都構想は現実のものにやっていたような気がする。

[PR]
by tetorayade | 2015-05-19 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)