日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

意外と質素だった総連の許宗萬議長自宅

総連の許宗萬議長の自宅に家宅捜索が入った一件、これによって自宅が分かったがあまりにもつつましさに在日からも驚きの声が上がっている。

北朝鮮の日本における大使ともいわれる自宅だけにさぞや豪邸と思ったら、普通の民家だった。
b0017844_08472732.jpg
また、許議長の次男が金正恩政権をつなぐ「密使役」だったことが浮上してきて、送金管理も担当していた模様だ。

「これでまた送金問題がクローズアップされる。お前ら何してんだ。俺たちに送金問題は関係ないけど、パチンコ=送金問題になってしまう。南北融和なんてお為ごかし」(民団関係者)

一方の総連系も今回の家宅捜索に対して「迷惑なこと」と怒っている。

拉致は日本海側で多く行われていたが、北系のホールも点在していた。地元では北系ホールということが知れていたのか、北が拉致を認めてから北系のホールの稼働が見る見る落ちて行って、総連の弱体化に拍車を掛けて行った。

そんなことで、許議長の自宅が大豪邸だったら反許派から大反発が起こったことは必至だが、この自宅を見る限り、そんなこともなさそう。

地下に潜る革命家のごとく質素に見せかけるのが彼らのやり方でもある。





[PR]
Commented at 2015-04-03 16:35 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by tetorayade | 2015-04-03 00:01 | 社会ネタ | Comments(1)