日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

道交法違反。お礼のクラクションを鳴らしたパトカーが白を切る

クラクションは危険を回避するとき以外に鳴らすと道交法違反で切符を切られる。

実際、進路を譲ってもらった時に、軽くクラクションでお礼の合図をしたところ、すぐ近くに白バイがいて切符を切られたことがあったのが一家言さんだった。

そんな経験を持つ一家言さんが、パトカーが道を譲ってくれた一般車両に対して、クラクションでお礼の合図をしたところに遭遇した。

そのパトカーは目の前の信号で止まった。すかさず、一家言さんはパトカーの窓を叩いて「今、クラクション鳴らしましたよね」と警察官を問い詰めた。

「…」

「クラクションは危険を回避するとき以外は鳴らしてはいけないんじゃないですか?」

「いや、よく覚えていないよ」

「覚えていないのならドライブレコーダーを再生してみてくださいよ」

「いや、それはできない」

警察官は明らかに道交法違反を犯していることを隠そうとしているのは見え見え。

「では、このことを所轄に電話します」

さすが、一家言さん。違反を見逃すことはできない。

所轄に今あったことを電話すると、対応したのは地域課だった。

「峠などは前が見えないのでクラクションを鳴らしても問題ない」

全く答えにもなっていない。最後は地域課なのでよく分からない、と逃げた。

警察の組織防衛本能が働いた瞬間だった。

警察に恥をかかせると、組織力を持ってその仕返しをするのが警察だ。

去年、京大構内に警視庁の公安が潜入しているのを学生が見つけて、吊し上げを食ったことがある。こんな恥をかかされて警察が黙っているわけがない。

目には目、歯には歯。学生寮に機動隊が突入して家宅捜索に入った。






[PR]
Commented by 壱銭ポリ at 2015-03-24 14:44 x
そのうち一家言さんに公安が着くだろうな(笑)
by tetorayade | 2015-03-24 00:02 | 社会ネタ | Comments(1)