日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

金大中大統領時代の日韓共同宣言を朴大統領は何と心得ている?

韓国とは不思議な国で日本人にはその国民性を理解できない。

朴クネ大統領は自国の金大中大統領が1998年に小渕恵三首相と交わした日韓共同宣言を忘れているのだろうか?

これによって過去繰り返されてきた歴史認識の対立、軋轢に終止符を打って未来志向に向かってパートナーシップを組もう、という共同宣言である。その結果、2002年のサッカーワールドの共催へと実を結んだ。

それを遡る1965年には日韓基本条約が締結して、戦後処理はここで終わっていた。それをさらに歩み寄ったものが、日韓共同宣言だったのに、朴大統領はそれらを全て反故にして、反日感情だけを国民に植え付けている。

頑なに慰安婦問題に固守する朴大統領は、自分の力で韓国経済を立て直す施策がないことへの逃げとしか思えない。

韓国は日本に無視されたら経済を立て直すことはできないが、日本は韓国から無視されてもほとんど影響はない。

日韓の溝を深めたら損するのは韓国の方なのに、不思議な国だ。


[PR]
by tetorayade | 2015-03-21 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)