日々のニュースから業界ネタまでかきなぐります


by tetorayade

ハルカス効果が出ない近鉄百貨店はただオワコンなだけ

あべのハルカスが全面開業を迎えて1周年となった。
b0017844_23273164.jpg
展望台をはじめ、ホテルは好調な反面、肝心の近鉄百貨店の業績が伸び悩んでいる、という。展望台の客はすぐ近くのキューズモールへ流れ、相乗効果を果たせていない。

当初予想していた売り上げ1450億円から200億円も下方修正している。原因を若い女性向けのソラハの売り場が分かりにくいなどと理由を探しているが、そんなことではない。

百貨店ビジネスそのものが終わっている、ということを気づいていないだけだ。

なんで、こんな簡単な理由を分かろうとしないのか不思議でしょうがない。

大阪の一等地である梅田の伊勢丹三越だって失敗して、売り場面積の縮小を余儀なくされている。

百貨店は確かに品質のいいものを取り揃えているが、定価販売だけでなく、元々の値段が高すぎる。日本には中国のように富裕層の人口も少ないので、百貨店でモノが買える人がいないだけだ。

百貨店はオワコンである。それを何とか下支えしてくれているのが中国人の爆買いだ。

ただ、近鉄阿倍野は立地が悪い。

中国人観光客は心斎橋に流れるので、恩恵を受けるのは心斎橋の大丸や難波の高島屋である。


[PR]
by tetorayade | 2015-03-10 00:01 | 社会ネタ | Comments(0)